topimage

2018-07

ラベンダーフレンドシップ - 2018.06.03 Sun




IMG_8040_R.jpg


こげ蔵が陽の光を目一杯浴びてます




IMG_8039_R.jpg

暑いだろうな~~

これからが、彼の地獄だ





IMG_8048_R.jpg

ラベンダーフレンドシップ

今年は昨年の8割程度の咲き方






IMG_8133_R.jpg





IMG_8149_R.jpg


全体にばらつきがなくほぼ同色

何年か前はいろいろないろが混ざり合ってたけど

年度の違いで色も変わる

面白い!!





IMG_8164_R.jpg


さてさて、思い切り楽しんだら

その後は、私が地獄!!


「ローゼンドルフシュパリースホップ - 2018.06.02 Sat




IMG_7653_R.jpg

「ローゼンドルフシュパリースホップ」

咲き出しです


IMG_7140_R_20180602192418a4d.jpg

クレマチスと仲良し




IMG_8314_R.jpg

サーモン色を含んだ落ち着いた淡桃色の花は5輪くらいの房咲きで弁先は波うつ。
花もちもよく、雨にも強い。



IMG_8315_R.jpg

完全四季咲きで、つるバラでありながら寒冷地ではシュラブになる




IMG_8292_R.jpg


花もちが抜群によく、丈夫で育てやすい品種です
色合いが好みかな



プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント - 2018.06.01 Fri




IMG_8296_R.jpg

地植えから鉢植えに戻して

今年どうにかここまで復活






IMG_8300_R.jpg


枝が細くしなやかで

咲き進むと全てが下を向いてしまう

来年に期待か・・・



IMG_8298_R_20180601221803e6f.jpg


プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

Princess Alexandra of Kent

輝くような温かみのあるピンクで、珍しいほどの大輪です。花びらがぎっしりと詰まったディープカップ型で、外側のソフトピンクの輪が内側のピンクを包み込むような、非常に安らいだ雰囲気を持っています。大輪にもかかわらず不格好になることはなく、バランスよく育ったシュラブの上でまるでポーズを取っているようです。うっとりとするような紅茶の新鮮な香りは、次第にレモンの香りへと変化し、最終的にはほのかなブラックカラント(クロフサスグリ)の香りへと移り変わります。病気に強い品種で、2009年、英国グラスゴーの国際バラコンテストで、2010年にはアメリカのカリフォルニアで行われた、砂漠地域バラ協会主催のショウで、それぞれ香りの賞を受賞しました。 エリザベス2世のいとこで、熱心なガーデナーでありバラ愛好家でもあるアレキサンドラ女王にちなんで名づけられたことを光栄に思っています
ディビッド・オースチン

『フォーユアホーム』今年はどうなの~~~~~ - 2018.05.31 Thu

IMG_8228_R.jpg

『フォーユアホーム』
作出者 : 木村卓功
樹形 : 半つる性(シュラブ・ローズ)
花形 : ロゼット咲き
香り : 強香


IMG_7967_R.jpg

2012年、第14回国際バラとガーデニングショウにて、

デザイナーのキャス・キッドソンさんに

このバラ「フォーユアホーム」を捧げました。

キャス・キッドソン(Cath Kidston)はイギリスのデザイナー、その名を冠したブランド、企業。
イギリスを象徴するクラシカルなデザインをモダンでポップな感覚と融合させたプロダクトが特徴的である。 小花や薔薇、野苺などのモチーフが代表的であり、それらを用いたインテリア・雑貨等で幅広い年代の女性の支持を受けている。 デザイナーCath Kidstonがロンドンのホランド・パークに小さな店をオープンした1993年に設立された。 現在、イギリスに28店、アイルランド共和国に2店、日本では7店舗出店している。 日本ではユナイテッドアローズが主となって展開していたが、2011年春夏シーズンよりサンエー・インターナショナルが日本における輸入販売事業を承継。ウィキペディアより抜粋


IMG_7964_R_20180531121914817.jpg

さて、ことしはどうでしょうか

昨年、一昨年よりはマシかな?

まあ、重いんですね頭が、どうしておお辞儀をしてしまうんですね




IMG_7763_R.jpg

このままだと、明日の雨で折れるかも??

やばいな・・・



IMG_7761_R.jpg

どないしましょ~~

こげ蔵ガーデン - 2018.05.29 Tue




IMG_6781_R.jpg

やばいです!!

こげ蔵の口元から

よだれが~~~

気取ってる場合じゃないぞ




IMG_7723_R.jpg

ピンクのバラは ゼフィリン ドルーアン
       Zéphirine Drouhin

香りがよく遂げもなく枝もしなやかで花数も大変多く

なんか文句ありますか?くらいのバラです




IMG_7708_R.jpg

つるピンクスタリナ

こげ蔵くんは、よだれは・・・・

垂らしてないから合格です




IMG_7704_R.jpg

昨年、芝生より雑草の多さに

完全にブチ切れてしまったこげパパは

芝生もからしてしまったのだ




IMG_7720_R.jpg

去年より花数は少ないかな

剪定が強かったから仕方ないが

体もしんどいし、後片付けを考えるとベストな選択かと・・・


次から次の開花 - 2018.05.28 Mon



IMG_7144_R.jpg

つるジュリア (CL)

個性的な花色のつるジュリア




IMG_7679_R.jpg

四季咲き性の名花ジュリアのつるバージョンです

花はキャラメル色の珍しく優雅で美しい品種です。






IMG_7599_R.jpg


薄いコーヒー色の個性的な花色のバラです。
波打つような花形、花つき良く、ティー・ローズ香があります。

枝が細めで誘引しやすい品種です。
ただし、耐病性が弱いので、薬剤散布などの管理が必要です。







IMG_7146_R.jpg


人気のあるつるバラシリーズ。ツル性。

ピンクから淡いピンクに微妙に花色が変化します。

花が良く咲き、枝もやわらかく多花性で中輪の花が株を覆うようにびっしり咲きます。





IMG_7678_R.jpg


花に鼻を近づけると、フルーティーな香りがします。

丸弁カップ咲きのかわいい花が絶え間なく、咲き続けます。高い位置から垂れさせるとランブラー状になります。





IMG_7149_R.jpg


新雪
Sinsetsu

純白の大きな花に半剣弁咲きの花形がボリューム感を出しています

返り咲きがあり、株が充実してくると花付きも徐々に良くなっていきます

枝は剛直で曲げづらく、ドゲも鋭いので壁面等広い場所への誘引が望ましい

寒さにはある程度の強さがあるようで、冬越しによる枝の枯れ込みは少ないようです。





IMG_7358_R.jpg

Pink Starina,Climbing  


ミニバラ「スタリナ」の枝変わりの「ピンクスタリナ」 の更なる枝変わりが『つるピンクスタリナ』です

この、昔デコレーションケーキの定番のバタークリーム

その上に絞られていたのがこの形のバラ

サーモンピンクがいいね!!





IMG_7359_R.jpg

つるピンク スタリナ 
  
系 統 ClMin クライミングミニチュア 作出年 不明  
作出国  日本
作出者  不明 花
色   サーモンピンク?ピンク
花 径 小輪
香 り    微香 開花性  繰り返し咲き
樹 形   半つる
伸 長   2m?2.5m
樹 勢   強い



IMG_7325_R_201805281538374f0.jpg


左側のピンクのバラがマチルダ
右側がロイヤルサンセット


またまた開花中 - 2018.05.27 Sun




IMG_7274_R.jpg

聖火
灯がついてるように咲いてます
大輪です



IMG_7346_R.jpg

アイスバーグ、とクレマチスの間に
ロウグチの青が際立ちます





IMG_7386_R.jpg


レオナルド・ダ・ヴィンチ
が咲き出した

IMG_7501_R_20180527171138332.jpg


飴細工の作り物にも見えてしまう


IMG_7389_R.jpg


アンクルウォルター
このバラだけは間違いなく咲いてくれる


IMG_7470_R.jpg

オレンジ系のロイヤルサンセット




IMG_7583_R.jpg

English Roses DAVID AUSTIN

タンジェリン・オレンジの花。

強い素晴らしいフルーツ香


IMG_7475_R_20180527171228db1.jpg


レディ・エマ・ハミルトン 
Lady Emma Hamilton(Ausbrother)
デビッド・オースチンのお勧め品種
色鮮やかなこのイングリッシュローズは、ボーダーの中で、ひと際目を引きます。
しっかりとつぼんだつぼみは、オレンジの混じる深みのある赤で、
魅力的なダークの葉との間にコントラストが生まれます。
花が完全に開くと、花びらの内側はタンジェリン(濃いオレンジ色)、
外側はイエローオレンジが混ざり合った色合いの花になります。
やや直立状に伸びますが中程度の育ち方でよく茂り、
花は驚くほど次から次へと咲き続け、乾燥した地域で、よく育つ傾向があります。洋ナシ、
グレープ、シトラスの調べのフルーツ系の濃厚かつさわやかな香りは、
フランスのナンテスの香りのコンテストでトップ賞を受賞しました。
エマ・ハミルトンは、ネルソン提督の恋人の名前です。



IMG_7542_R.jpg

バロン ジロード ラン
Baron Girod de L'Ain

弁端が波打つ美しい大輪花で、充実した株になると白い糸覆輪が出てとても華やかです。
枝はやや直立状に長く伸びますので壁面などに誘引し、
ステム短く抜群の花付きで素晴らしい演出効果を発揮します。
ダマスクの香りもよい。この系統の品種は耐病性には特に要注意で、
本種もうどんこ病に弱いのですが、花容の美しさが傑出しています。



IMG_7544_R.jpg

バロン ジロード ラン
Baron Girod de L'Ain

明るいクリムゾンレッドのカップ咲きで、
フリル状の花弁の1枚1枚の縁が白くなっています。芳香性で強健、
やせた土地でも育ちます。つる仕立てに向いています。ハイブリッド・パーペチュアル系です。
鉢植えにもできます。秋には実も楽しめます。フランス・Reverchon作・1897年



IMG_7412_R.jpg



ピエールドロンサールは、1985年/フランスで作出された品種です。

花はクリーム色の大輪、花の中心に向かうほどピンクを増します。
系統はつるバラに属し、生育旺盛で丈夫で大変育てやすい品種です。
一季咲きの多いつるバラでありながら、よく繰り返し咲きをし、
秋までたくさんの花を楽しませてくれます。また春に短く剪定しても、花をよくつけます。



IMG_7490_R.jpg

バレリーナ
Ballerina

ピラミッドのような大きな房咲きで満開時は株一面が花で覆われ非常に見事です。

風景をつくる能力が素晴らしく、お庭がぱっと華やぎます。秋にも少し返り咲き、

フェンスやトレリスに好適です。花がらを切らない場合は秋に実も付けます。



IMG_7482_R.jpg


フェルディナンド ピシャール
Ferdinand Pichard
概要
華やかな絞りが美しく、ブルボンローズに分類されることもあります
明るい緑の葉も印象的で美しく、花付きもよい。ステムは短く、
トレリスや壁面、フェンスなどに好適です。

今年見事に復活しました


IMG_7629_R_20180527171308f82.jpg

ピンクスタリナ (CL)

花色はサーモンピンクで小輪の花が、房咲きになります
庭にはこの手の色合のバラがないので
貴重な色合いです

なかなかマイナーなバラらしく
ネットで検索してもあまりヒットしませんね



IMG_7495_R.jpg


うらら
Cl.Urara

花色:ショッキングピンク 香り:★☆☆ 返り咲き 花径:8~10cm
人気品種うららの枝変り。 ツルになっても、かわいさはそのまま!
1枝4輪ほどの房になって咲きます。 真っすぐ植えに誘引しても、下の方からバランス良く蕾がつきます。
トゲは少なく、誘引しやすいです。



IMG_7420_R.jpg

名前は忘れました


続々開花中 - 2018.05.26 Sat


IMG_6637_R.jpg

ラデュレ

奥のバラは、ダブル ノック アウト

IMG_6635_R.jpg

クォーターロゼット咲き



IMG_6717_R.jpg


バロン・ジロー・ド・ラン
香りはダマスク


IMG_6737_R.jpg

ロイヤルサンセット



IMG_6766_R.jpg

ゴールドバニー

磐梯吾妻スカイライン - 2018.05.24 Thu

IMG_6805_R.jpg

多分ですがタカネザクラ(高嶺桜、学名: Cerasus nipponica (Matsum.) Masam. & S.Suzuki)は、
バラ科サクラ属の植物。桜の野生種の一つ。

山に生えることが多く、山の山腹等を好む。
別名に峰桜(ミネザクラ)。気候的にも涼しい場所を好むらしく、
本州中部以北に存在しており、南の個体ほど高山域を好む



IMG_6849_R.jpg

ということで、今日は昨日の雨も上がり気温も上がり
誘われるように、吾妻スカイラインのドライブ

浄土平の駐車場脇にはまだまだたっぷりの雪がありました




IMG_7002_1_R.jpg

浄土平から吾妻小富士を望む



IMG_6833_R.jpg


登山者発見




IMG_6993_1_R.jpg

ちょっとズームしてみました
いや、めちゃくちゃ寒いんですよ
さすが1500mあたりは寒いのだ
ヤッケ、ジャンパー着込んでますね





IMG_6815_R.jpg

雲間から太陽光が射してきて
前方の白樺が白く輝きました



IMG_7029_1_R.jpg


このあたりは有毒ガス発生地区なので
このような看板が沢山設置されています

車を止めて写真撮影は危険ですよ、ですから車窓からのショットです



IMG_7051_1_R.jpg

つばくろ谷です
少し山頂より下ってくるともう青空です

本当にいい天気でした

メイのほほえみ - 2018.05.23 Wed



IMG_6284_R.jpg

昨年より4~5日は早いかな、開花が
咲き出しましたよ
香りもいいね





IMG_6466_R.jpg

翌日は
満開です
この時期の一日は、早いんじゃ!!




IMG_6472_R_20180523114133a4e.jpg

名前のように可愛いバラじゃ、のう!

なんか、千鳥の「ノブ」のような話し方になってた





IMG_6488_R_20180523114134a29.jpg


えごの花も咲き出した
こいつは、咲きだしたらすぐに散るんじゃ

今日はもう花が散ってるんじゃ

咲きながら散るんじゃ


IMG_6484_R_20180523114136896.jpg


桜より早いんじゃ

黄色いバラはエバーゴールド

今年古い枝が枯れたら
何と三本もシュートが伸びてきたんじゃ~~~~~


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (231)
    バラ (305)
    アイスバーグ(CL) (6)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (6)
    アンクルウォルター (9)
    アンジェラ (6)
    イーパーフェン(一棒粉) (5)
    イングリットウェーブル (3)
    うらら (6)
    エトワール ド オーランド (8)
    エバーゴールド(CL) (5)
    カクテル (4)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (6)
    ゴールドバニー (4)
    シュネープリンセス (3)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (5)
    ジュリア(CL) (5)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (6)
    スール・エマニュエル (2)
    聖火 (3)
    ゼフィリン・ドルーアン (13)
    センティッドエアー (6)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (3)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (9)
    ニュードーン(CL) (5)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (6)
    バレリーナ (5)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (6)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (7)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (6)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (4)
    ブラックティ (4)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (4)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (2)
    ブルームーン(CL) (2)
    ブルームーン「HT」 (4)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (3)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (9)
    ポルカ (3)
    マチルダ (5)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (3)
    メヌエット (4)
    モン クゥール (7)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (5)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (8)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (4)
    ロイヤルサンセット (5)
    ローズヨコハマ (5)
    ローゼンドルフシュパリースホップ (2)
    ロココ (5)
    バラの薬剤 (6)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (2)
    クレマチス (44)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (3)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (5)
    タングチカ ランプトンパーク (5)
    ビチセラ ピーコ (2)
    ドクターラッペル (3)
    プリンセス・ダイアナ (2)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (4)
    メイリーン(モンタナ) (8)
    「ローズバット」モンタナ系 (4)
    宿根草 (43)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    アスチルベ (1)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (2)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (15)
    こげ蔵 (73)
    日常の出来事 (37)
    コンテナ作り (2)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (110)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    「うるる」「カーディナルワインスキー」「ジャックマニー」 (0)
    カーディナル・ワイズンスキー (1)
    プリンセス・ドゥ・モナコ (1)
    踊場 (1)
    ロウグチ(篭口) (1)
    そして (1)
    マグナス・ジョンソン (2)
    モーニング・グローリー (0)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR