topimage

2017-08

私がバラの剪定を失敗した訳 - 2014.10.01 Wed

IMGP9037_R.jpg


まずなんでこんな記事を書きたくなったかというと
私はまだバラを植えてから足掛け4年目の初心者なので

1.冬の剪定という言葉はわかりますがでは実際どうやってするの?
「いや良くわかりません」が私の答えです

2.大体大苗を買うと鉢から出ている枝の部分て30cmくらいじゃありませんか
系統や種類によってもう少し長目のもあるでしょうけど

で、買ってきた大苗を秋に植えたとしましょう
無事成長して初夏にはぐんぐん成長して一番花が咲きました
まずそこでが第一の問題があったんです

白い線の矢印の枝の途中からシュート伸びてその先に一番花が咲きました
花を楽しんだあと剪定したのですが赤い矢印の先で約1mのところ


IMGP9038_R.jpg


ここで選定したためその脇から青い線の枝が伸びました
この枝の先に二番花が咲きました
またまた2番花を十分楽しんだあとに剪定したのが120cmあたりでした



IMGP9040_R.jpg


ここで選定したため今度は脇からピンク色の線の枝が出てきました
この枝が現在3番花が咲き終わりましたが約2m10cmほどまで伸びまして
目線のはるか上で咲きまして香りを楽しむのも脚立で上がらないと香りも楽しめません
結局この枝は約1m程も伸びたわけですね


IMGP9043_R.jpg


結論から言えば一番花が咲き終わったあとに赤い矢印の枝を40cmもの長さで選定したのが間違いで
10cmあたりで剪定して

IMGP9044_R.jpg


こちらの青い線の枝も10cmほどで選定していれば
結果ですが先端が40cm低くなったはず、あくまで計算式ですが
三番花も1m80cmほどで眺めることが出来たのではないかと感じました

img55579020_g.jpg


このように茶色の線のところで剪定をすると
一つ前の剪定時より10cmほどで収めるといい感じになるのではないかと

が、しかし重大なことがありまして

植えて2年目に赤いラインのようなベーサルシュートが出たとした場合

その冬の剪定時に私は茶色の枝(購入時の枝)のところまで選定ができなかったんです

その理由は

1.せっかく伸びたシュートをそこまで強めに剪定する勇気がない

2.、もしそこまでやったとして枯れてしまうのではないか

まぁそんな理由で私は剪定を失敗したのではないかと思っています

で、結論としては今年の冬選定は強めにしてみようかと考えています

ここまではバラ初心者の私の考えで、あくまで個人的な見解ですのであしからず

このバラはパパメイアンというバラです、

系統は ハイブリッドティ 樹形 は半横張りとありますが直立の木立性に感じます




☆☆  いつもご訪問ありがとうございます

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

     ランキングに参加しています

   こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

● COMMENT ●

こげパパ様 こんばんは!
うぉ~!!!
ザ・ハイブリッドなバラ様は
まだ お迎えしていないので
とっても参考になります!

最後のバラの枝図、
こげパパ様が書かれたのですか?!
じょうず~(うっとり)
枝が立派で太いと
ついつい、ガッツリ切るのを
ためらいますよねぇ(経験者)

花後にやると枯れることがありますが(経験者 (^_^;))
冬場にやれば 滅多なことでは
枯れないようですよ♪

こげパパ様のパパめいあん♪
パパのパパ、お花も楽しみにしています♪

おはようございます^^
バラって品種によってすごく伸びますよね。
私も冬剪定を待たずに、花が咲く都度ずいぶん短く切ってます。
ちょうどこげパパさんの言うように花後10㎝以内で切ってる感じです。
(3番花が咲いた後でいい芽がない時はもっと短く切る場合もあるくらいです)
今年はクイーンエリザベスはわりとイイ感じの高さで収まってくれたけど
ミサトさんはそれでも2m越えになってしまいましたよー(^_^;)

薔薇って難しそうですね。
うちも小さな薔薇があったけど、先代ゴルが来た時に抜いてしまいました。危ないかなと思って。

あの薔薇の剪定の図は力作ですね。それに感動してしまいました。
うちは、ほぼプランター程度の家庭菜園。今日は、100%純粋な油粕が手に入ったので、プランターの下の方にまきました。なんの種を蒔くかは、目下思案中です。
こんな考えてる時がまた楽しいですよね。

こんんちは。

剪定は一番の難関だと思っています。
テキストブックに記載されているような図は凄いですね。

何処で失敗したか分かるので、反省材料にピッタリ。
毎年、失敗したかな?で済ませている私は、反省するばかりです。

これから台風の心配もありますし、大忙しな季節になりますね。

Re: タイトルなし

こんばんは、メアリーさん
> うぉ~!!!
> ザ・ハイブリッドなバラ様は
> まだ お迎えしていないので
> とっても参考になります!

え~~っそうなんですか
すべての系統のバラをお持ちだと思っていました
とにかく実践で、体で覚えようかと
なかなか頭では覚えられない性分なんですね

> 最後のバラの枝図、
> こげパパ様が書かれたのですか?!
> じょうず~(うっとり)
> 枝が立派で太いと
> ついつい、ガッツリ切るのを
> ためらいますよねぇ(経験者)

これはネットから拝借したものに
ベーサルシュートを書いただけのものです
メアりーさんでもためらうなら私がためらっても仕方ないですね
でも、今年は気合を入れて強剪定に挑みますぞ
>
> 花後にやると枯れることがありますが(経験者 (^_^;))
> 冬場にやれば 滅多なことでは
> 枯れないようですよ♪

やはり花後はダメですね
ありがとうございます
冬の剪定時にガッツリとイカせてもらいます

> こげパパ様のパパめいあん♪
> パパのパパ、お花も楽しみにしています♪

パパのパパメイアンですからね
メアリーさんのブログも毎回楽しみです
また、色々とおしえてくださいね

いつもコメントありがとうございます

Re: タイトルなし

> おはようございます^^
> バラって品種によってすごく伸びますよね。
> 私も冬剪定を待たずに、花が咲く都度ずいぶん短く切ってます。
> ちょうどこげパパさんの言うように花後10㎝以内で切ってる感じです。
> (3番花が咲いた後でいい芽がない時はもっと短く切る場合もあるくらいです)
> 今年はクイーンエリザベスはわりとイイ感じの高さで収まってくれたけど
> ミサトさんはそれでも2m越えになってしまいましたよー(^_^;)

こんばんは、まあむさん
そうなんですよね二番花がいいところで咲いたので
そこまで切り詰めて選定したのに
三番花は1m以上も伸びたんでは結局目線の上ですものね、困ったものです
はいはい、私も一緒です、三番花のあとは結構ガッツリといってますよ
私もミサトには困りました、まあむさんのブログで見た時がそんな感じだったでしょう
その時わたしは二番花で目線の先にいい感じだったのですが
その後が伸びすぎです、多分これからの開花になると思いますがすでに2m超えです(笑)

いつもコメントありがとうございます

Re: タイトルなし

> 薔薇って難しそうですね。
> うちも小さな薔薇があったけど、先代ゴルが来た時に抜いてしまいました。危ないかなと思って。
>
> あの薔薇の剪定の図は力作ですね。それに感動してしまいました。
> うちは、ほぼプランター程度の家庭菜園。今日は、100%純粋な油粕が手に入ったので、プランターの下の方にまきました。なんの種を蒔くかは、目下思案中です。
> こんな考えてる時がまた楽しいですよね。

こんばんは、358joeさん
やはりワンコのことを考えると危険かなと感じますよね
わたしもとげのないバラを選んだり少しは考えましたが
今のところバラで怪我をしたことはありませんね
ほぼ私だけがバラのとげの餌食になってますよ

いやはずかしながら私の作ではないんです、ベーサルシューとだけ上書きしました
100%純粋な油粕はどなたかが作られたのですか?
そのような肥料があるとすごくいいですよね
なにを植えるんですか?
あれこれ考えてる時が一番楽しいですね、

いつもコメントありがとうございます

Re: タイトルなし

> こんんちは。
>
> 剪定は一番の難関だと思っています。
> テキストブックに記載されているような図は凄いですね。
>
> 何処で失敗したか分かるので、反省材料にピッタリ。
> 毎年、失敗したかな?で済ませている私は、反省するばかりです。
>
> これから台風の心配もありますし、大忙しな季節になりますね。

こんばんは、

皆さんにも言われたんですが恥ずかしながら私の作ではありません
少し絵心でもあればいいのですが

私も毎日新しい発見や失敗があり楽しいですね
まだまだ初心者、テキストブックや師匠の本は読みますが
頭でわかってもいざ実践となると体が動きません
ですから失敗を恐れず経験を積んでいこうかなと
毎日バラと接しています

そうですよね昨年は台風で垂直に伸ばしていたシュートが数本折れましたので
本の教えを守らず横に寝せました、私なりのバラ実験ができてまた面白いですね

いつもコメントありがとうございます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gardening55.blog.fc2.com/tb.php/445-cb856d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リメイク缶にビオラの寄せ植え、んっ? «  | BLOG TOP |  » そのうち溶けてバターになっちゃいます

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (218)
    バラ (294)
    アイスバーグ(CL) (6)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (6)
    アンクルウォルター (8)
    アンジェラ (6)
    イーパーフェン(一棒粉) (5)
    イングリットウェーブル (3)
    うらら (6)
    エトワール ド オーランド (7)
    エバーゴールド(CL) (5)
    カクテル (4)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (4)
    ゴールドバニー (4)
    シュネープリンセス (3)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (5)
    ジュリア(CL) (5)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (6)
    スール・エマニュエル (2)
    聖火 (3)
    ゼフィリン・ドルーアン (13)
    センティッドエアー (6)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (3)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (8)
    ニュードーン(CL) (5)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (6)
    バレリーナ (5)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (6)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (7)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (5)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (4)
    ブラックティ (4)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (4)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (1)
    ブルームーン(CL) (2)
    ブルームーン「HT」 (4)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (3)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (8)
    ポルカ (3)
    マチルダ (5)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (3)
    メヌエット (4)
    モン クゥール (6)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (5)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (7)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (4)
    ロイヤルサンセット (5)
    ローズヨコハマ (5)
    ローゼンドルフシュパリースホップ (1)
    ロココ (5)
    バラの薬剤 (6)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (2)
    クレマチス (41)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (3)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (4)
    タングチカ ランプトンパーク (5)
    ビチセラ ピーコ (2)
    ドクターラッペル (3)
    プリンセス・ダイアナ (2)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (4)
    メイリーン(モンタナ) (7)
    「ローズバット」モンタナ系 (3)
    宿根草 (42)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    アスチルベ (1)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (1)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (9)
    こげ蔵 (73)
    日常の出来事 (36)
    コンテナ作り (2)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (89)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    「うるる」「カーディナルワインスキー」「ジャックマニー」 (0)
    カーディナル・ワイズンスキー (1)
    プリンセス・ドゥ・モナコ (1)
    踊場 (1)
    ロウグチ(篭口) (1)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR