topimage

2017-11

Uncle Walter「アンクルウォルター」物語 - 2017.06.07 Wed


IMG_9884_R.jpg



いよいよ咲き出しました
ものすごい数の蕾ですね


IMG_9910_R.jpg


まるでチューリップ畑や~~
なんか去年も同じようなこと言ってたような気がするな




IMG_0542_R_20170607223029593.jpg

咲き進んで結構咲いてきましたね


IMG_0538_R.jpg


これでも昨年の半分くらいだと思います
今思うと秋の剪定はかなり深かったんですね


IMG_9968_R_20170607223032ef9.jpg

まあ上に上に向かってよく伸びますね
剣弁高芯咲きの大輪でどちらかと言うと今風ではない形ですが
私は気に入ってます

一季咲きではないのにまるで一季咲きのようなこの花つきの多さには毎年驚かされます
それが繰り返し咲いてくれるので頼もしいバラです





IMG_9729_R.jpg


このバラは本場では木立バラ(ハイブリッド)なのに
日本の環境下だとつるバラになるという面白いバラ



IMG_9965_R.jpg

前回も記述しましたが

アンクルウォルター物語をどうぞ

「アンクル・ウォルター」を作出したのは

マグレディ家、北アイルランドのナーセリーに生まれた四代目

先代は、「アイルランドの魔術師」と呼ばれるほどの育種家でした



ただ残念なのは三代目が若くしてお亡くなりになったため

彼があとを継いだのはたった2歳でした

2歳では何もできませんよね



そこに現れたのが豊臣秀吉、三法師を抱えて「この方こそ跡取りでござる、おのおの方頭が高い~~」

ハハ~~~、ってちょっとばかり話が横にそれましたが・・・



そこでかれのお父さんの妹の夫、ウォルター・ジョンストン(植木職人)が会社を引き継ぎましたが

バラに関しては才能は発揮できなかったようです

彼も大人になり修行をしたり有名所で勉強もしたようですが

なかなか上手くいかなかった折ウォルターおじさんにも後押しさてたのでしょう

1959年作出の「オレンジエード」は、なんとNRSの金賞を取りました

1963年に作出された赤いツルバラそう、このバラには

会社を守り続けてくれたおじさんのウォルター・ジョンストン、に敬意を評したのでしょうか

「アンクル ウォルター」直訳すれば「ウォルターおじさん」が誕生しました

やはり素敵なバラです



チューリップ畑なの~~? - 2016.08.28 Sun



IMG_6391_R.jpg 


真っ赤なチューリップが咲き出したよう
黄色い薔薇はエバーゴールド
決して裏切らない薔薇


IMG_6360_R.jpg


咲き始めのこの感じがいいですね

そもそもハイブリッド ティーの薔薇なのですが
日本の気候ではつるバラ扱いという面白い性格の持ち主
全然つるバラらしくて上に真っ直ぐ伸びるタイプ








IMG_3459_R.jpg


続々と咲き出しましたよ
チューリップ畑ですね

アンクルウォルターの魅力はこの多花性につきまする

なのに私はアーチ仕立てにして失敗なのか???

でも、上から見たらこのようにチューリップ畑だし

それはそれでいいのかも

まあ失敗したと言いたくないので言い訳するならば

アーチの上から枝をしたに垂らすとものすごくいい感じになります

私だけか~~~~~



IMG_6647_R.jpg


あらら、こげ蔵くんはおねむの時間かな

アンクルウォルター - 2016.06.17 Fri




IMG_7407_R.jpg

先日の続きになりそうな感じ
剣弁高芯咲きのアンクルウォルターです

やはりこの形かな~~~
しっくりくるんだね、なんとなく

完全に俺は上を向いて咲くんや~~って感じのバラだったんですが
以外や以外下向いてまんね
どないしたんでしょうね

ウォルターおじさんももしかしたらアーチ向きなんてね







IMG_6877_R.jpg

えっさ、ほいさ、おじさんは脚立に上がるのも大変なんだぞと
いやほんとたかだか五段くらいと侮ってはいけないのだ
先日もバランスを崩して四段目から飛び降りたが
ふいに落ちるものだから
足首をやられるね

さていくぞ~~~って飛び降りるのと
やべ~~~って落ちるのとでは雲泥の差ですから

脚立に上がるときは水平をとって立てましょう
それと万が一落ちた時に下には植木鉢や危険物を置くのはやめましょうね







IMG_6731_R.jpg

このアンクルは上向いて咲いてるでしょう
これが普通なんですけどね
やはりアーチに枝を横に這わせるとどうしても下を向きたがるんですね

そうそうきちっと縛ると意外とダメ~~
いい加減に緩めに縛ると結構下を向く感じ
まあいい加減がいいのかも








IMG_6655_R.jpg


まいど!!
こげ蔵だす

僕もなかなかのモデル犬になったでしょう
こげパパの考えてることがだんだんと分かってきたんだ

少し笑みを浮かべて舌をちょろってだすとニコニコしてるから

まあたまにはビーフジャーキーなんかぽちいんだけど
大体がビスケットでごまかされちゃうんだよね








IMG_6886_R.jpg

こんなに咲いたのは今年が初めて
でも、咲きはじめはとてもいい感じなんだけど
咲き終わったバラから凋花切しないといけないし
遅れて咲く花を待っていると次の芽が伸びだしてきてしまうし
そうなると最後までゆっくりと感傷にふけってるわけにもいかず
つぼみも花柄ももう一緒、ざっくりと切ってしまうのだ!!


バラのお花畑 - 2016.05.27 Fri



画像はクリックで大きくなります

IMG_7338_R.jpg


いよいよつるバラも最盛期に入りました

一番奥の赤いバラは「アンクルウォルター」です
右側の黄色いバラは「エバーゴールド」です
その手前の白いバラは「新雪」です
その手前左側の黒っぽい赤バラは「クリムゾングローリー」です
一番手前の白バラは「つるサマースノー」です




IMG_6832_R.jpg

こちらは3日前の写真です
遅咲きの白バラがまだつぼみがたくさんですね




IMG_6880_R.jpg


奥のピンクのバラはそろそろ終盤、散り始めてきました
ゼフィリン ドルーアンです



IMG_6612_R.jpg

先ほどからピンクのバラがチラチラと顔を出してましたが
この形から一目瞭然ですね
「アンジェラ」です





IMG_6660_R.jpg

こげ蔵:「すごくいい香りだよ~~~~~」




IMG_3570_R.jpg


アーチの下からの写真です
左赤いバラがアンクルウォルター
真ん中から右側に濃い紫に見えるのは「エトワールドオーランド」
盛りは深紅のバラでしたが終わりかけは深い黒紫に変化してました
さらに奥の赤バラがつるクリムゾングローリーです
オレンジのバラは「ロイヤルサンセット」です







IMG_3431_R_R.jpg

360度バラに囲まれたこの瞬間は
腰の痛みも忘れます
至福のひと時ですね

一日の終わりに庭で飲むビールのおいしいことったらありませんね






アンクル ウォルター – Uncle Walter物語 - 2015.07.28 Tue










IMGP4531_p.jpg


目がさめるような赤でしょう
質感はベルベットやビロードのよう

剣弁高芯咲きで花径は10cmくらい
私の頭のなかの「バラ」と言ったらこの形かな

バラと出会ったことに乾杯!!













IMGP3594_p_2015063023281388e.jpg


小さなアーチにもほぼ思い描いたように咲いてくれた
たくさん咲きます、切りバラにも向くので
この時期の部屋の中は真赤なバラで一色になります



「アンクル・ウォルター」を作出したのは

マグレディ家、北アイルランドのナーセリーに生まれた四代目

先代は、「アイルランドの魔術師」と呼ばれるほどの育種家でした



ただ残念なのは三代目が若くしてお亡くなりになったため

彼があとを継いだのはたった2歳でした

2歳では何もできませんよね



そこに現れたのが豊臣秀吉、三法師を抱えて「この方こそ跡取りでござる、おのおの方頭が高い~~」

ハハ~~~、ってちょっとばかり話が横にそれましたが・・・



そこでかれのお父さんの妹の夫、ウォルター・ジョンストン(植木職人)が会社を引き継ぎましたが

バラに関しては才能は発揮できなかったようです

彼も大人になり修行をしたり有名所で勉強もしたようですが

なかなか上手くいかなかった折ウォルターおじさんにも後押しさてたのでしょう

1959年作出の「オレンジエード」は、なんとNRSの金賞を取りました

1963年に作出された赤いツルバラそう、このバラには

会社を守り続けてくれたおじさんのウォルター・ジョンストン、に敬意を評したのでしょうか

「アンクル ウォルター」直訳すれば「ウォルターおじさん」が誕生しました

やはり素敵なバラです













DSC05180_p.jpg



樹勢が強いアンクルウォルターと黄色の薔薇エアバーゴールドがお隣さんだから
まあ、お互いが競って咲くもので
これでもかと赤と黄色が入り混じってます














DSC05281_p.jpg

とても美人さんの
某テレビ局の女子アナウンサーのEさんです
相変わらず可愛いね~~~
バラにカンパ~~イどころじゃないわ
お久しぶりの可愛いEさんに乾杯!!


顔出しOK頂いてたんですけど、ブログの性質上断念しました

「お仕事でこちらに来たので寄っちゃいました」と言うことでした
もう少し時間があればご一緒に食事でもできたんですが
忙しいんでしょうね、30分ほどお話してお帰りになりました
また来てね~~~






IMGP3411_p.jpg

アンクルウォルターはよく咲きます
実に見事なんですが、あまり香らないのが残念

さらに、「トゲ」これはもう凶器
「痛い!!バラのトゲ刺さっちゃった~~~」なんてイッてる場合じゃない
くれぐれ気をつけましょうね

シュートもどんどん伸ばして
今年の冬の剪定を今から考えさせてくれてます





DSC04733_p.jpg



そうそう今更だけど、ウォルターおじさんは、アーチ向きじゃないな












赤いばらと黄色い薔薇のコラボレーション - 2014.06.06 Fri

IMGP1956_R.jpg

ここに来て、あいにくの雨です
大輪の薔薇はみんなこうべが垂れてしまいました
ホワイトクリスマスは柔らかい枝が折れてしまいました

数日前から赤がグッと映えてきました
どうにかアーチをエッサホイサと這い上がり
やっと5合目辺りかな

IMGP2328_R.jpg

真っ赤なつるバラの「アンクルウォルター」です
剣弁高芯咲、昔の薔薇の代表のような形の薔薇ですね
私が薔薇というとこんな感じを連想しますが
やはりバラも時代とともに進化をしているのですね。


IMGP2575_R.jpg

「アンクルウォルター」は全部で3株植えてあるのですが
こちらから見ると先ほどのアンクルくんの左隣りにあり
自作アーチもどきを左方向に這い上がっております
黄色の薔薇は前出の「エバーゴールド」でこちらでも競演になりました



IMGP2005_R.jpg

「エバーゴールド」は昨年に5m程も伸びてしまい
さてさてどうしようかと迷ってる間もなく
右左に適当に誘引したまま現在に至りました
まあ、結果オーライということで良かったと思います
しかし「エバーゴールド」は花持ちがいいですね
花姿が乱れるわけでもなく香りもよく2週間ほどはイケますね


IMGP2581_R.jpg

花径12~13cm、香りは鼻孔を軽くクスグルようなティー香
四季咲きで花つきは旺盛です、花保ちも良いほうでは
ただトゲも多く枝も太く硬いので曲げようとすると少し気合が入ります


IMGP1782_R.jpg

こげ蔵Gardenも夕日が差し込んできました

やっぱり、真赤なバラもいいな!!

IMGP2004a_R.jpg

日が沈んだ直後が
薔薇の一番きれいな時間のようにも感じます


     IMGP2044_R.jpg

雨が降る前に「エバーゴールド」の花摘みを済ませておいて正解だったようです
こげ蔵が恐る恐る左前足を出してきました
さて、さて、何をやらかすのか?


☆☆  いつもご訪問ありがとうございます

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

     ランキングに参加しています

   こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

花のしずく - 2014.05.27 Tue

DSC00334_R.jpg

多分開きかけた花びらに雨水が少しずつ浸透してきたが
水の重みに耐え切れずついに花びらが開いてしまったのだろう

昨日までは黒ぽいつぼみだったのに
今朝は深紅な色合いのアンクルくん
一日、数時間で表情が変わる
そんな季節になりました



☆☆  いつもご訪問ありがとうございます

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

     ランキングに参加しています

   こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

バラとこげちゃん - 2013.06.06 Thu

IMGP2901_R.jpg

               赤いバラはアンクルウォルターです

             ん~~~~~~~っ
                             いい香りだ

                                           わん!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (221)
    バラ (294)
    アイスバーグ(CL) (6)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (6)
    アンクルウォルター (8)
    アンジェラ (6)
    イーパーフェン(一棒粉) (5)
    イングリットウェーブル (3)
    うらら (6)
    エトワール ド オーランド (7)
    エバーゴールド(CL) (5)
    カクテル (4)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (4)
    ゴールドバニー (4)
    シュネープリンセス (3)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (5)
    ジュリア(CL) (5)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (6)
    スール・エマニュエル (2)
    聖火 (3)
    ゼフィリン・ドルーアン (13)
    センティッドエアー (6)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (3)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (8)
    ニュードーン(CL) (5)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (6)
    バレリーナ (5)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (6)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (7)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (5)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (4)
    ブラックティ (4)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (4)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (1)
    ブルームーン(CL) (2)
    ブルームーン「HT」 (4)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (3)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (8)
    ポルカ (3)
    マチルダ (5)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (3)
    メヌエット (4)
    モン クゥール (6)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (5)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (7)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (4)
    ロイヤルサンセット (5)
    ローズヨコハマ (5)
    ローゼンドルフシュパリースホップ (1)
    ロココ (5)
    バラの薬剤 (6)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (2)
    クレマチス (41)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (3)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (4)
    タングチカ ランプトンパーク (5)
    ビチセラ ピーコ (2)
    ドクターラッペル (3)
    プリンセス・ダイアナ (2)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (4)
    メイリーン(モンタナ) (7)
    「ローズバット」モンタナ系 (3)
    宿根草 (42)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    アスチルベ (1)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (1)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (12)
    こげ蔵 (73)
    日常の出来事 (37)
    コンテナ作り (2)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (92)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    「うるる」「カーディナルワインスキー」「ジャックマニー」 (0)
    カーディナル・ワイズンスキー (1)
    プリンセス・ドゥ・モナコ (1)
    踊場 (1)
    ロウグチ(篭口) (1)
    そして (1)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR