topimage

2017-03

新雪 - 2016.07.16 Sat


画像はクリックすると大きくなります

IMG_5758_R.jpg


花色: 純白
花形: 剣弁高芯咲
花弁数: 40~45 枚




IMG_7097_R.jpg


剣弁高芯咲の花形が故
私の中のバラ姿なんです




IMG_7087_R.jpg



デコレーションケーキの上に
この形の薔薇を絞ったことありますか?


薔薇の形を作り出すのは意外と難しいですよ

やはり作ってもらって食べるのが一番かも




IMG_6164_R.jpg

今現在二番花が咲き出しました
7月の中旬が二回目のバラの見頃になりました

この薔薇のすごくいいところは
黒点病にほとんどならないってところかな
葉も照り葉だし日陰にも強いし
結構返り咲きするし
いいところが多い薔薇

ただ、あまり香らないんですね





IMG_7082_R.jpg


真っ赤な薔薇と純白の薔薇
どちらも甲乙つけがたいですね







IMG_6656_R_cr.jpg


アンクルウォルター赤と新雪
ピンクの薔薇はマチルダ
中央少しオレンジっぽいのはアブラハムダービー
その右側の濃いオレンジ一輪はロイヤルサンセット

中央下方の物体は犬

犬種、ゴールデンレトリバー
おす、四歳と四ヶ月
性格、おおらか、天然、ずる賢い、人には甘え上手、小型犬が苦手、
好物、キャベツの芯、葉っぱは嫌い

うんpするときは右に1回転半



IMG_6796_R.jpg

フェンスに誘因が得意な薔薇らしく
とにかく生育は旺盛
一番花剪定時、枝近くで切り摘めても
二番花が咲く現在は60cmほども伸びてます







IMG_6912_R.jpg

薔薇は天頂部分が一番よく咲きます
ご多分に漏れず新雪も天頂部分で咲きます
しかしここまでびっしりと咲くと
自分で下の部分に日陰を作ってしまい
宿根草など軒並み枯れました
薔薇もしかり、オレンジ色のERが二株だめになりました









IMG_7357_R.jpg

こんな姿を上から眺めるときは
まさに至福の時ですが
アーチの下の宿根草を眺めるに
来年はやはり下まで日が当たるようにしようと考えます

それと落ちた花や葉の掃除が大変です
とくに今年はクレマチスが散ったときはもう地獄でした

ことしは消毒をほとんどやらない年で掃除は昨年の倍以上手がかかりました

落ち葉の掃除に、「吹き飛ばす」「吸い込む」「粉砕する」が1台でできるブロア&バキュームクリーナもほしいね

腰をかがめて落ち葉拾いや掃除は腰に悪すぎ

どこに趣を置くかをよくよく考える歳になったのかなと老いを実感した年でもありました





スポンサーサイト

男らしい潔いバラ「新雪」 - 2015.05.30 Sat








DSC04627_R.jpg


純白で上を向いて咲く
香りもほのかにあって
順光の下でも白さを際立たせてる



DSC05006_R.jpg

品種名 新雪      sinsetsu
作出  1972年 日本 鈴木省三氏
系統  CL つるバラ
交配  (Blanche Mallerin×Neige Parfun)×New Dawn
花色  純白
花形  半剣弁高芯咲き
花径  大輪
芳香  中香     
開花  四季咲き   
伸長  3.0m



DSC05223_R.jpg

庭の中央、左右に植えたので
アーチ状にと考えて誘引した結果



DSC05222_R.jpg

なんとなんくそれなりに出来たようです
少しいひてみると中央に奥のヘンスが見えてるでしょう
あと2,3日したらここの空間にミサトとアブラハムダービーが咲く予定です

右側にももう少し咲いて欲しかったのですが



DSC05220_R.jpg


ご覧のように真っ赤なアンクルウォルターの勢いが強く
ほぼ左側が白、右側が赤になってしまいました


DSC05243_R.jpg

とにかく手間いらずのバラ
シュートもこれでもかと伸びまして
枝もそこそこ太いですが誘引は意外と楽にできます




IMGP3736_R.jpg

黒点病にも強くうどんこはなったことないんじゃないかな
と、いいコトだらけのバラのようですが
すこしだけ花の咲いてる期間が短いかな
もう少し長いと楽しめるのだけどね
春のさくらのようだね










IMGP3357_R.jpg

このようにアーチの上でも天に向かって咲いております



DSC05156_R.jpg


さすがにそろそろ散り始め
この頃は自分の花の重さで少しずつ頭を下げてきますね




DSC05224_R.jpg

暑くなると、ぱ~~と咲いて
いい香りだけ残してす~~と散っていく
男らしい潔いバラと紹介しておきましょう




DSC04922_R.jpg


「オ~~~イ、もしもし~~」




☆☆  いつもご訪問ありがとうございます ☆☆

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

  こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

新雪 Sinsetsu(CL) 白バラっていいかも - 2014.06.30 Mon

IMGP1631_R.jpg

雪のように白い花を繰り返し良く咲かせます
バックのピンクの薔薇はアンジェラです


IMGP2075_R.jpg

1972年 「ミスターローズ」こと鈴木省三氏
さすがに見事なバラを作出されますね

今はロゼット咲き、クォーター咲き、カップ咲きが主流ですかね?

四季咲き、香りも強香、花型は半剣弁高芯咲き
この半剣弁高芯咲きという花姿が私には「薔薇」なんです、この漢字が似合うばらなんですね~~

昔々そのむかし、誕生日のケーキといえばバタークリーム主流の時代
その時に必ず飾られていたのが半剣弁高芯咲きのバラの花
実際の薔薇なんて興味のないときにこの形が薔薇なんだと
私の頭のなかを洗脳したのであった



IMGP3113_R.jpg

雨の日の新雪
この時期こんなシーンを外すことができないですね


IMGP0755_R.jpg

またまた、興味津々のこげパパの、ほんの少しだけバラの歴史

バラの歴史は古く原種は白亜紀まさに恐竜の全盛期にはあったそうで
かの女王クレオパトラはバラを愛好しバラの花や香油を使っていたそうです

バラが愛好されるようになったのは日本では明治以降で
まだ、バラは西洋の「高嶺の花」でした
バラが接ぎ木で増やせることから大正から昭和と普及し始めた矢先
第二次世界大戦でバラの栽培より野菜の栽培が優先され生産が停滞してしまいました

戦後日本でのバラの普及に大いに貢献したのはなんと
鉄道会社が沿線開発の一環として、バラ園の造営を行うようになり、各地にバラ園が開園されたんですね

その先陣を打って出たのが京阪電鉄で「ひらかたばら園」を開園しました
私鉄各社がバラ園の造営には大いに関わったとは知りませんでした

最後に、ばらを育てる以前には、南半球にはバラは自生していないとも知りませんでした、ハハハ

IMGP1638_R.jpg

すんごいシュートが天高く伸びまして
さてさて、このシュートは伸ばすべきか
バッサリと選定するべきか考えねば


IMGP2074_R.jpg


うん、やっぱ白バラっていいなぁ!!


☆☆  いつもご訪問ありがとうございます

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

     ランキングに参加しています

   こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

うどんこ病に徹底的に戦いを挑む - 2014.05.28 Wed

DSC00583_R.jpg

やさしい白がいいですね
このバラは庭ではなく東側の一番いい場所
まあ特等席に陣取ってる「新雪」つるバラで輝く雪のような白い花が房咲きとなります。
黒点病に強く、半日陰でもOK
多花性で4~8輪の初冬近くまで咲き続けることもあり、
強健種で初心者の方でも安心して栽培できるということだったんですが


DSC00585_R.jpg


昨年は私の管理ミスなのは認めた上でコメントしますと
うどんこ病に徹底的にやられまして
返り咲きなのにほとんど返り咲くこともなくシュートも出ず
「こりゃ~失敗したかなの新雪ちゃんだったんです

で、ここから今年編
庭のバラたちは昨年の冬から石灰硫黄合剤に始まり
サプロール、ダコニール、ベンレート、パンチョTF、スミチオン、オルトラン、ダコニールと
徹底的に消毒した為か今のところ順調に育ってます

しかし、私は庭の外に植えていたこの「しんせつ」には非常にふしんせつでした
なんと、消毒をしなかったんです
そして気づいたときにはうどんこ大魔王に襲われていたのだった

ヨシ!!、敵もやる気ならこちらも徹底的に対処してやろうと
ゴム手袋を二重にはめて手にはダコニールを
噴霧器でつぼみからその首元あたりを指で洗うようにコシコシと
葉もゴシゴシとたっぷり洗うよにこすりました

結果はこの画像の感じです、まだちりちりしてる葉もあるし
首もとも多少うどんこ感は否めませんが
ワタシ的には大成功と言っていいのではないかと
こちらはシュートも3本ほどいきよいよく出てますので
冬の誘引が大変かも

DSC00714_R.jpg

シレネドレッツバリエガータも咲き出しました
緑のストライプが入った葉に小さい白い花がキュート

DSC00683_R.jpg
ウスラバタンポポも黄色い花を咲かせました

DSC00708_R.jpg

なんと、これから花を咲かせようとしているビオラ
私の庭ではビオラは一年中咲いたり枯れたり季節感のない花になりました
徒長したビオラは20cmほどになり花瓶挿してますが
しおれるでもなく、こんなにいい香りがするんだと
感じさせられました

DSC00679_R.jpg

こげ蔵タイムです

「パパちゃんさ~、早朝から写真撮影ということで起こされて朝日がメッチャまぶしいいんですけど!!」
「早くしてくれないかな~」

DSC00678_R.jpg

「まだかな~、同じポーズしてると肩こるんだよな!!」
「ハイハ~イ、今撮るからね~」
DSC00677_R.jpg

「だめだ!!、眠い!!」



☆☆  いつもご訪問ありがとうございます

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

     ランキングに参加しています

   こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

薔薇のシュートが伸びていく様子をインターバル撮影してみました - 2013.08.08 Thu



つるバラ、新雪のシュートが伸びていく様子を2日間、48時間を30分に一度撮影した画像をつなげて動画にしました、1日目の夜に豪雨があり小さな三脚で設置していたため残念なことにカメラが少し傾いたようですがどうにか撮影できてほっとしています、次回は設置の仕方には注意をしたいと思います。たった2日の撮影でしたが約10cmほど伸びています、改めて薔薇の成長の早さにびっくりしました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (192)
    バラ (250)
    アイスバーグ(CL) (5)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (5)
    アンクルウォルター (7)
    アンジェラ (5)
    イーパーフェン(一棒粉) (4)
    イングリットウェーブル (2)
    うらら (5)
    エトワール ド オーランド (5)
    エバーゴールド(CL) (4)
    カクテル (3)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (4)
    ゴールドバニー (3)
    シュネープリンセス (2)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (4)
    ジュリア(CL) (4)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (5)
    スール・エマニュエル (1)
    聖火 (2)
    ゼフィリン・ドルーアン (12)
    センティッドエアー (5)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (2)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (8)
    ニュードーン(CL) (4)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (5)
    バレリーナ (4)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (5)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (6)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (5)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (3)
    ブラックティ (3)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (3)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (1)
    ブルームーン(CL) (1)
    ブルームーン「HT」 (3)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (2)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (7)
    ポルカ (2)
    マチルダ (4)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (2)
    メヌエット (3)
    モン クゥール (5)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (4)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (7)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (3)
    ロイヤルサンセット (4)
    ローズヨコハマ (4)
    ロココ (4)
    バラの薬剤 (5)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (1)
    クレマチス (31)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (2)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (4)
    タングチカ ランプトンパーク (4)
    ビチセラ ピーコ (2)
    プリンセス・ダイアナ (1)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (3)
    メイリーン(モンタナ) (6)
    「ローズバット」モンタナ系 (1)
    宿根草 (39)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (1)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (9)
    こげ蔵 (71)
    日常の出来事 (36)
    コンテナ作り (2)
    アスチルベ (1)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (79)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    ドクターラッペン (1)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR