topimage

2017-03

メイリーンの香りでで満たされる庭はそれはそれは - 2016.08.26 Fri



IMG_3883_R.jpg        IMG_3662_R_20160826171341bee.jpg

やっぱ一期咲きのクレマチスって本当にすごいわ 今までは四季咲き性のクレマチスばかりだったから
ここまでつるが伸びるって、お見事、花数も、それはそれはものすごくて、壁面だったら覆いつくす数

IMG_3669_R.jpg   IMG_3668_R.jpg

メイリーンは香りがまた良くて、これだけ咲くと庭中がメイリーンの香りで満たされる
さらにさらに、花期がものすごく長いでしょう
こんな西日に当たる姿を見てると
時間を忘れそう


IMG_4417_R_20160826171346add.jpg
やばいな~、もう来春が待ち遠しいよ


スポンサーサイト

「 マダム・ジュリア・コレボン」も第2シーズン - 2016.08.16 Tue




画像はクリックで巨大になります

IMG_2352_R.jpg

「ダッチェス・オブ・アルバニー」も第2シーズンです

相変わらずのチューリップ咲きがかわゆいの~~

さすがに伸びは初夏のような勢いはありませんが

目線の先ほどで咲くので非常に見やすいし写真にも収めやすい

そして花数もそこそこなので立派、立派







IMG_2505_R_201608161543235b4.jpg

ねっ、こげ蔵くんもついつい笑ってしまうのだ~~


そうか、シャワー後で気持ちいいのか!!







IMG_2333_R.jpg

この時期はクレマチスの第2シーズンなんですね

ジャックマニー系のジャックマニーの
濃い紫がまた夏らしい
左奥の「モンクゥール」 もあれ以来ず~と咲いている
花びらが汚れるのを気にしなければ
結構長い間楽しめるバラです





IMG_2393_R_20160816172822d3b.jpg

ちなみに、フォーユアホームもまだこんな感じで咲いています

ロサ オリエンティス は

日本人好みの耐暑性、耐病性のある四季咲きのバラ

作出:木村卓功氏もこのように書いてるところを見ると

まさに日本の環境にはあっているのかもしれない



IMG_2347_R.jpg

クレマチスの楽しみは

バラに這わして下から上に咲かせたり

このように上から下に垂らすように咲かせることもできるのがいいですね




IMG_2401_R.jpg


もしかしたら今年初めての紹介なのかな~


「 マダム・ジュリア・コレボン」も第2シーズンです

このワインカラーにしびれます、なぜかというと

昔々その昔、スカイラインの4代目に当たるC110型・通称「ケンメリ」が、
1968年から1972年の4年間にわたり製造されました。
そのワインカラーが大好きでした

Buzzが奏でる「ケンとメリー ~ 愛と風のように」の美しいメロディがまたよかった







プリンセス・ダイアナ、「失敗しないんで」 - 2016.07.05 Tue






IMG_9271_R.jpg

これもまたチューリップのような咲き方が
めちゃくちゃかわいいでしょう
テキセンシス、ビオルナ系の品種
プリンセス・ダイアナです

もう名前からして可愛くないわけがないでしょう




IMG_9449_R.jpg


絶対に失敗な咲き方ができないよね
なんてったってプリンセスだからね

あんまりプレッシャーあたえないでくれってか~~~

でも素敵に咲いてるから大したものだよ



IMG_9447_R.jpg


花は鮮明なピンク色、4弁のチューリップ形でしょう

で、下の写真見てください





IMG_9396_R.jpg

こちらは、よくよく見ると
花弁は4枚や5枚、さらに6枚だったりいろいろです
で、こちらは先日紹介した「ダッチェス・オブ・アルバニー」です






IMG_9382_R.jpg


ちなみにこちらの写真はどっちかな?






IMG_8845_R_20160705170143fce.jpg


さらにまたまた似た感じのクレマチスですね
さすがに色が違いますから

インテグリフォリア系の品種で篭口(籠口)ロウグチです

ちなみにこちらの写真はどっちかな?は「ダッチェス・オブ・アルバニー」でした~~~





ランプトン・パークは黄色のクレマチス - 2016.07.04 Mon





IMG_9075_R.jpg

クレマチスには珍しいココナッツの香りがするのも魅力なのですが
いかんせん花数が4個とは、とほほ・・・・






IMG_9079_R_20160704211240c33.jpg


オリエンタリス、タングチカ系の品種
生育旺盛なので庭植え向きで寒冷地向きなんだって

私は鉢植えで育ててきたが
いよいよ地植えする時期が来たようだ
来年は鈴なりの黄色いクレマチスを咲かせてみようか





IMG_9926_R.jpg


上から撮影したらヒトデみたいになってますが
あれです



「ダッチェス・オブ・アルバニー」フェンスに咲いたチューリップ - 2016.07.03 Sun





IMG_9208_R.jpg

まるでフェンスに咲いたチューリップ見たいでしょう
花の中央が濃い目のピンクで外側に向かって薄くなる感じ






IMG_9730_R.jpg

枝をよく伸ばした後に節々にたくさんの花をつけます
地植えにしたためか今年の成長はものすごい
まるでモンタナ気かと思わせる勢いでフェンスの最上部まで

系統は(テキセンシス系)なので新枝咲きの遅咲き系

花後の剪定は強剪定で、40~50日後にまた開花します




IMG_9583_R.jpg

とにかく次から次へと咲くのですが
なんか弦を伸ばしながら咲いてるんじゃないの?とおもわせるくらい
つるが伸びます、フェンスの上部から今度は垂れ下がって反対側へ
つるの先、先のほうに向かって咲き進みますので
下から花は咲き終わりますが
先端はいまだにつぼみがたくさんある状態です




IMG_9450_R.jpg


そんなクレマチスだから剪定のタイミングが難しい

一番花が7~8割くらい咲いたところで
株元から3~4節くらい残してバッサリ強剪定するといいでね

とにかく思い切らないといつまでたっても剪定できませんから
もったいないと思ったら花瓶にさしてもとてもいい感じですよ






IMG_9968_R.jpg

今年はちょっと奮発して買ったスーパーゼラニウム

真夏にも絶えず咲く!の宣伝文句についつい手が出た品種でしたが
今のところは木立のバラとは比べ物にならないくらい
ず~~と咲きっぱなしです

来年もまた買うぞと気合いの入る品種です

あっ!!奥で黄土色でボ~~と見えてるのはこげ蔵です





クレマチス「ローズバット」モンタナ系 - 2016.05.11 Wed



画像はクリックで大きくなります

IMG_4318_R.jpg

モンタナ系 ローズバッド
昨日紹介したフレッダよりもやわらかで淡いピンクとホワイトのグラデーションが美しい
半八重から八重咲きの小花です、花径は5~6.5cmくらいかな





IMG_3628_R.jpg


こちらは咲き始めです
ローズバットというネーミングはこの咲き始めの
花弁の重なりがバラのつぼみに似ているとこらからきているようです

この時期は淡いグリーンが入ってなんともやさしくやわらかな感じですね




IMG_4327_R.jpg


開花が進むとこれまたピンクのフリルの花びらが可愛いですね







IMG_4315_R.jpg


花芯の黄色もアクセントになりよく映えます







IMG_4304_R.jpg

こんなに素敵なクレマチスですが
香らないんですね、まあ残念ですが
メイリーンがすごく香るのでこの庭にはちょうどいいかも









IMG_4303_R_R.jpg

メイリーンの見ごろもそろそろ終わりです
しばらくはモンタナ系の遅咲き、ローズバッドが主役です






IMG_4417_R.jpg

ちなみに今日のメイリーンです
散り始めてきました

バラは薔薇で素敵なんですがお世話が大変でしょう
クレマチスはな~~~んにもしなくていいからすごく楽です
なんかクレマチスに傾きそうな気分

そうなると「薔薇とクレマチスとゴールデンレトリバーこげ蔵の日記」と
タイトルもかなり長くなってしまいそう





クレマチス「フレッダ」(フレーダ)モンタナ系 - 2016.05.10 Tue


画像はクリックすると大きくなります

IMG_3833_R.jpg

クレマチスモンタナ系のフレッダ(フレーダ)です
先日のメイリーンより濃いピンクですね
どちらかというとハナミズキのような形の花ですね





IMG_3825_R.jpg

中央に色白の子がいますがこちらがメイリーンです
花径は7から9cmです






IMG_3950_R.jpg

この比較だとすごくわかりやすいかと思います
中央の白っぽいのがメイリーンです
左右のピンクの花がフレッダ(フレーダ)です
モンタナ系の中では赤みが強いチェリーレッド、花径は約5cmでやや小輪だが
葉は赤みがかった銅葉でカラーリーフとして楽しめます。







IMG_3892_R.jpg

クレマチスはモンタナ系をはじめ
有名どころではジャックマニー系、ヴィチセラ系、テキセンシス系、パテンス系、
フロリダ系、オリエンタリス、タングチカ系、テキセンシス、ビオルナ系などたくさんありますが
生育旺盛で枝の伸びが早く、春に壁面やアーチを覆いつくすほどに咲き誇るこのモンタナ系は別物のような気がします
それゆえモンタナ系は一般的に寿命が短いと言われており、
大株になってこれでもか~と花着きの良さで開花した翌年は寿命を迎えることもあるらしいので
それも覚悟で毎年大いに楽しもうと思っています

まもなくここに薔薇の花が咲き誇るでしょうが
クレマとバラの競演が見られることを期待しています



IMG_2416_R.jpg

ダンベルを噛み噛みしすぎたため
ボロボロになったので
新しいのを買ってあげたらこの笑顔です




クレマチス「メイリーン」モンタナ系 - 2016.05.05 Thu


画像はクリックすると大きくなります

IMG_2365_R_201605052238183a2.jpg

南側のメイリーンも八分咲きくらいでしょうか
モリモリっと咲きました





IMG_3687_R.jpg

ピンクはクレマチス
緑はバラの葉やつるですね
あと一週間クレマチスが咲いていてくれたら
バラの早咲きとコラボするかぎりぎりの展開です
間に合えば赤が混ざり合うのだが・・・










IMG_3584_R.jpg


少し茂りすぎな感じも
足元の宿根草も日陰に・・・






IMG_2473_R.jpg

北側のメイリーンはすでに満開
もう無我夢中でシャッターを切っていました



IMG_3438_R.jpg

ものすごい数が咲きましたよ
つい先日まではつぼみでいっぱいだったのに
咲きだすと早いですね




IMG_3622_R.jpg

さらに、香りがすごく素晴らしいんです
満開の今がやはり一番みたいです
特に雨上がりの晴れた日には涼し気な清らかな香りが庭中漂っています




IMG_3644_R.jpg

バラのトンネルも今はクレマチスの出番です



IMG_3662_R.jpg

西日を浴びて
フリルが入った大きめの丸花弁はより一層輝いて
外側にややカールする形は個性がありかわいいったらありゃしない




IMG_2464_R.jpg

こげ蔵も夕日を浴びていい香り??

次回はクレマチス「フレーダ」モンタナ系を紹介します

つる性?つるなの、何、グランドカバーだって - 2015.08.15 Sat








IMG_4704_R.jpg


「ダッチェス・オブ・アルバニー」

今季二度目の開花

何もしなくても咲いてくれる手間いらずのクレマチス

夏のこの暑さにも負けず




IMG_4786_R_20150815214256352.jpg

反対側に回って裏側?から撮影

赤唐辛子か

春のような勢いが無いため

かなり下方で咲き出した





IMG_4703_R.jpg




これなんかヒメイワダレ草と同じ背丈でしょう

暑かったんでしょうね

そもそもクレマチスはアサガオのように


つる自体を絡ませながら生育するのではないですよね


葉柄という部分を絡ませながら枝を伸ばしていきますから


暑くて暑くて途中で挫折した結果がこの絵面のようになったのではと考えます


奥でも挫折組のキャットミントも背くらべ中です


IMG_4715_R.jpg


クレマチスの挫折を考えれば


ヒメイワダレ草の勢いがハンパないでしょう


庭の片隅ではこげパパの手が全く入っていないジャングル組


右側の壁掛け鉢には白いペチュニアが咲いてますが


あと数週間でヒメイワダレ草に飲み込まれるでしょう


こうやってよくよく観察していると


ヒメイワダレ草も、もしかしたらですけど1mくらい上まで伸びてしまうのでは?


つる性でもないし一本一本は細くてか弱いけど


これだけ群れて我先にとてっぺんを目指したならば


もはやグランドカバーなんて呼べないね




「この~木なんの木、気になる木♪」あんさんはどなたはんどすか? - 2015.07.11 Sat

DSC04256_R_2015071112391056e.jpg


つぼみもかなりふっくらしてきました
少し緑かかってます


IMGP2498_R.jpg


上部はまだ咲き始め
下部は8部咲き?
見た感じはとても素敵な花姿


IMGP2351_R.jpg

咲き始めもまだ薄いグリーンかかってます




IMGP2845_R.jpg


ピンボケですいません
中に少しシベが見え始めました


IMGP2847_R.jpg


この状態が、満開ですか~~






ここで一曲、「この~木なんの木、気になる木♪、名前も知らない木ですから」






「名前も知ら~ない~~木に~なるでしょう~~♪」






なんて歌ってる場合ではな~~~~い!!のだ

こんなに綺麗に咲いたクレマチスなのに
タグを無くしてしまったばかりに
名前がわからないんです。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

ここから憶測で物を言います

1.「クレマチス白万重」、違うよね~~、「違うぞ!!」っという声が聞こえてきそうだわ




2.「雪の粧」お~~コレも似てるけど・・・・、薄いピンクかかってる画像が多いので違うかな




3.「アークティック・クイーン」これか~、いや、花弁の数が少ないような



4.「ダッチェス・オブ・エジンバラ」コレなんかどうでしょうか?画像検索で見ると
似てるかな~~なんて感じるんですけどね、やはり違いますかね



IMGP2500_R.jpg


こちらが全体像ざんす

高いところで1mくらいでしょうか

キッパリと言います、モンタナ系ではないと決めつけて
バッサリとまでも行きませんが中剪定しました
しばらく新芽も出てこず、コレは失敗だわとおもっていたら



なんと~~~


DSC07014_R.jpg



また咲いてくれるのかな~~~

いいとも!!


トコであんさんはどなたはんどすか?




☆☆  いつもご訪問ありがとうございます ☆☆

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 ポチットして頂けると励みになります

     ありがとうございます(*´ー`*)ゞ


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (192)
    バラ (250)
    アイスバーグ(CL) (5)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (5)
    アンクルウォルター (7)
    アンジェラ (5)
    イーパーフェン(一棒粉) (4)
    イングリットウェーブル (2)
    うらら (5)
    エトワール ド オーランド (5)
    エバーゴールド(CL) (4)
    カクテル (3)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (4)
    ゴールドバニー (3)
    シュネープリンセス (2)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (4)
    ジュリア(CL) (4)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (5)
    スール・エマニュエル (1)
    聖火 (2)
    ゼフィリン・ドルーアン (12)
    センティッドエアー (5)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (2)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (8)
    ニュードーン(CL) (4)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (5)
    バレリーナ (4)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (5)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (6)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (5)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (3)
    ブラックティ (3)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (3)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (1)
    ブルームーン(CL) (1)
    ブルームーン「HT」 (3)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (2)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (7)
    ポルカ (2)
    マチルダ (4)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (2)
    メヌエット (3)
    モン クゥール (5)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (4)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (7)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (3)
    ロイヤルサンセット (4)
    ローズヨコハマ (4)
    ロココ (4)
    バラの薬剤 (5)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (1)
    クレマチス (31)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (2)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (4)
    タングチカ ランプトンパーク (4)
    ビチセラ ピーコ (2)
    プリンセス・ダイアナ (1)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (3)
    メイリーン(モンタナ) (6)
    「ローズバット」モンタナ系 (1)
    宿根草 (39)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (1)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (9)
    こげ蔵 (71)
    日常の出来事 (36)
    コンテナ作り (2)
    アスチルベ (1)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (79)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    ドクターラッペン (1)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR