topimage

2017-06

ボレロ - 2017.06.20 Tue



IMG_8765_R_20170620151854a0f.jpg

そういえば香りを嗅いでなかったな
二番花で香るか


IMG_8899_R.jpg

このボレロも地植え組から昨年鉢植えに戻し
今年また地植えしたのだがどうもイマイチだ
このクラスだと鉢植えの方がいいのかと思う

ボレロもまた掘り返しかね

そいえばボレロも3年目になるが
いまだにボレロのなんていうかを感じていない
ボレロのなにがいいのでしょうか?



IMG_8306_R.jpg


アンチューサ タッセルブルーと言う名前だけに
鮮やかなブルーの小花を咲かせます
秋にも返り咲きます
こぼれ種で増えるはずなのに少しも増えない

増えるのは奥に見えるラミウムばかりだ
後で少し間引かないと・・・


つるメヌエット - 2017.06.20 Tue



IMG_0476_R.jpg

植えてある場所、環境が悪いのだろう
日陰と言うほどでもないのだろうが
一日中日を浴びる場所でもない



IMG_0478_R.jpg

中心に少し黄色が混じるところは、
交配親である「ピース」の面影を感じる事ができます



IMG_0685_R_2017062010115481f.jpg

白にピンクの覆輪が入り中心が薄い黄色みがかかる丸弁盃状咲き




IMG_0688_R.jpg

残念ながら我が家ではぽつぽつとしか咲かないので
また、鉢植えに戻すか思案中

どうも木立バラの地植え組は花数が少なすぎる

一棒粉(イーバンフェン) - 2017.06.19 Mon




IMG_0711_R.jpg

品種名一棒粉(イーバンフェン)
品種名(英語)Yi Bang Fen
品種名(カナ)イーバンフェン

系統OD/CH ](ポリアンサ)
性質四季咲き
花期四季咲き
花径2~3cm
花弁数5枚
芳香微香
樹形シュラブ
樹高60~90cm
ピンクの一重の小多花性。
四季咲き性が高く秋まで咲きます。
ポリサンサ系のチャイナローズ。



IMG_1884_R.jpg



ポリアンサローズ
樹高は60cm~90cmなどと言われてますが
我が家では1mは超えます

ポリアンサだから、などと育てると後で後悔しますよ

枝が細いのにその高さまで育ち
房咲きなので支えをしなければ地面で咲くようになりますよ






IMG_0973_R.jpg


色合いはバレリーナなより若干濃いめで
少し肉厚、なのでバレリーナほど可憐ではない
花持ちはいい方だと思う




IMG_1507_R.jpg

一重咲きのバラ
カクテルも、バレリーナも一重咲き
香りはしないけど
秋まで返り咲きます

つるニュードーン - 2017.06.18 Sun






IMG_0649_R.jpg

遅咲きのニュードーンも見頃です
咲き始めは淑女ですね
1997年には、『バラの栄誉殿堂入り』を果たしています
1976年にピースが選出されてから、今までに16品種が殿堂入りしています

でも、たった16品種なんですねそのうちの一つだから驚きです

つるバラの育種に大きく貢献した品種だから
歴史的に重要な品種と言われているのだろう




IMG_0858_R.jpg

房咲きでステムが長いので
雨が降るとどうしても「ごめんなさい」って頭を下げてします

ほとんど枝ぎりぎりまで切り詰めても
枝先がぐんぐん伸びるので
アーチだとてっぺんで咲こうとするんだよね
まあそれを上から見下ろせばいい感じなんです




IMG_1625_R.jpg

まあ、一般的に言われてる
壁面誘引が一番いいのかもしれませんね





IMG_1657_R.jpg

甘いティーの香りがします
ただしとげが半端なく多く扱いは非常につらいです
私が腕にひっかき傷をつけるのはほぼこのニュードーンです

つる聖火 - 2017.06.16 Fri



IMG_9152_R.jpg


つる聖火とはよく言った物だと感じます


白にローズ赤の覆輪がまるで燃えているように咲いて見えるのでしょうか




IMG_8500_R.jpg

以下、京成バラ園より抜粋

聖火
1964年10月10日 今から43年前、日本で東京オリンピックが開催されました。
日本は好成績でオリンピックでは数多くのメダルを獲得し、多くの感動を日本国民の心の中に残しました。
京成バラ園芸では、そんな東京オリンピックにちなんで四季咲き大輪種「聖火」を発表いたしました。聖火は当社が作出したバラ第一号品種です。
半剣弁高芯咲きで開花につれて紅色が全体を覆うように花色が変化するさまは、まさにオリンピックの聖火台に炎がともる様子を思い出させます。
1971年 ニュージーランドにおいては国際コンクールで金賞を受賞し、世界に日本のバラのすごさをとどろかせたバラです。また、日本でも新種苗法の適用第一号となり日本のバラの育種に大いに貢献したバラです。
聖火は強健種で育てやすく初心者でもとても育てやすいバラです。京成バラ園芸の歴史を見守ってきたバラ「聖火」をあなたの手で育ててみませんか。





IMG_1385_R.jpg


花色  白にローズ赤の覆輪
花形  半剣弁高芯咲
花弁数 35~40枚
花径  12~13cm
樹高  1.5m
樹形  横張り性
芳香  微香


IMG_1387_R.jpg


「ローズゴジャール」を交配親に持つ

英名オリンピック・トーチ(OlympicTorch)



IMG_9284_R.jpg


赤白の対比が美しい

アイスバーグと

新雪 - 2017.06.15 Thu

IMG_0890_R_20170613222809df7.jpg


新雪だが、なんとなく根雪?

少しくすんでるような

きれいな白ではないかな



IMG_0876_R.jpg


花びらに赤いぽちぽちが
いやだよね



IMG_0039_R.jpg

灰色カビ病かな
新雪はよくこうなるね
アイスバーグなどは白薔薇でも赤い斑点は出ないが



IMG_0621_R.jpg

新雪の悪いとこばかりを列挙しようというわけではないのだが
花持ちは悪い




IMG_0878_R_20170613222815ad5.jpg





IMG_8650_R_20170613222847ff6.jpg

このように上につんつん咲くんだよね




IMG_8817_R.jpg


こうやって上から見る分にはいいのだが
下から見上げるのはちとつらい



ローズヨコハマ - 2017.06.14 Wed


IMG_0712_R.jpg

剣弁高芯咲きで黄色という黄色でしょう





IMG_1059_R.jpg

15cmもある巨大輪

香りはそれほど香らないかな

我家の庭では貴重な黄色いバラ

もしかした木立バラだと4株しかないうちの一株です

紫の花はジャックマニー系のジャックマニーです




つるサマースノー - 2017.06.12 Mon



IMG_0388_R.jpg

つるで白いバラで多花系といえば
このバラでしょうか
波打つ花弁が美しく
とにかく壁面にびっしりと咲きます





IMG_0494_R.jpg

枝にトゲがないので私もこのバラには安心して接しられます
そして花持ちがとにかくいい
私の庭では一番長持ちではないかと思います







IMG_0796_R.jpg


このバラも青空をバックに撮影しました
きょうも雨がパラパラっと降ったりやんだり日が射したり
めまぐるしい天気
しかしこの時期にしては寒いです




IMG_0792_R_20170612205903fb3.jpg


まあそんな花持ちの良いバラですが
そろそろ終焉です
近いうちに剪定しなければと思います

あ~~、またゴミ袋が何枚必要になるのだろうか

「バラって病気や虫が出て栽培は大変ですよねって」よく聞かれますが

今なら素直に「咲いたあとの剪定とゴミ出しがたいへんです」と答えるだろう





IMG_0533_R.jpg


日が沈む直前に撮影しました

上の写真のように日中の華やかで

バラ同士が賑やかにおしゃべりしているような雰囲気から一転して

物静かで、日没を感じ

そして十七夜、立待の月の出を待つ



ブルームーン(HT) - 2017.06.11 Sun





IMG_8545_R.jpg

花色に惹かれて購入したバラ

フランスのメイアン社が作出した、ブルーローズの代表的な品種です

フルーティー系の爽やかな香り

一茎に一輪だから見逃すわけにはいかない



IMG_8361_R.jpg


ただ、雨の日は香らないね



IMG_9250_R.jpg

後方で咲くカクテルとの対比がきれいだと思う




IMG_9388_R.jpg

咲き進むにつれて白みを帯びてきます

Matilda マチルダ - 2017.06.10 Sat



IMG_8874_R.jpg

日の光を後方から浴びて

少し赤みがかかってます

ヒラヒラの花びらはかわいい




IMG_9299_R.jpg

夕方に撮影すると

また少し違った色合いに写りますね

別名(シャルル・アズナヴール)という

フランスのシンガーソングライターに捧げられました

シャルル・アズナヴールと言うと「忘れじの面影」を思い出しますが

最近では、最近でもないか、ノッティングヒルの恋人 主題歌でも使われましたね

シャルル・アズナヴールも93歳か日本で言えば大正生まれですよ

ずっとずっと長生きしてほしいですね




IMG_8875_R.jpg

そうやって見るとフランス メイアン の作出もうなずけます






IMG_8924_R_201706101922130a5.jpg


遠くから見るとまるでここだけろうそくでもともっているかのようにも見えた




IMG_9617_R.jpg

四季咲きで繰り返しよく咲きます

初夏から夏、そして秋から初冬まで次々と可憐な花を咲かせてくれる

こげ蔵Garadenで一番の優等生といったら、迷うことなくこのマチルダですね




IMG_9619_R.jpg

こんなに可憐な薔薇なのに

雨にも強い、そして美しい

ロシアンセージは雨の重みで寄りかかってました


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (214)
    バラ (274)
    アイスバーグ(CL) (6)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (5)
    アンクルウォルター (8)
    アンジェラ (6)
    イーパーフェン(一棒粉) (5)
    イングリットウェーブル (2)
    うらら (5)
    エトワール ド オーランド (5)
    エバーゴールド(CL) (5)
    カクテル (4)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (4)
    ゴールドバニー (3)
    シュネープリンセス (2)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (4)
    ジュリア(CL) (5)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (6)
    スール・エマニュエル (1)
    聖火 (3)
    ゼフィリン・ドルーアン (13)
    センティッドエアー (5)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (3)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (8)
    ニュードーン(CL) (5)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (6)
    バレリーナ (4)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (5)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (7)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (5)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (3)
    ブラックティ (3)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (3)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (1)
    ブルームーン(CL) (1)
    ブルームーン「HT」 (4)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (3)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (7)
    ポルカ (2)
    マチルダ (5)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (3)
    メヌエット (4)
    モン クゥール (5)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (5)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (7)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (4)
    ロイヤルサンセット (5)
    ローズヨコハマ (5)
    ローゼンドルフシュパリースホップ (1)
    ロココ (4)
    バラの薬剤 (6)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (2)
    クレマチス (39)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (2)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (4)
    タングチカ ランプトンパーク (4)
    ビチセラ ピーコ (2)
    ドクターラッペル (3)
    プリンセス・ダイアナ (2)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (4)
    メイリーン(モンタナ) (7)
    「ローズバット」モンタナ系 (3)
    宿根草 (42)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    アスチルベ (1)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (1)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (9)
    こげ蔵 (73)
    日常の出来事 (36)
    コンテナ作り (2)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (89)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    「うるる」「カーディナルワインスキー」「ジャックマニー」 (0)
    カーディナル・ワイズンスキー (1)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR