topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オダマキ、フレンチラベンダー 、チョウチョも喜ぶ程のいい天気 - 2017.05.16 Tue



画像はクリックで大きくなります

IMG_7608_R.jpg

今日は久しぶりの晴れ
青空に白モッコウバラも映えるね

しかし香りが最高だね

毎年言ってるが「白モッコウバラの香水売ってないのか???」




IMG_7547_R.jpg

こげ蔵も眩しそうだね




IMG_7578_R.jpg

西洋オダマキ(アキレギア)オダマキブルーバローが開花しました

濃い青紫色の八重咲きで多数の花弁が密に重なり合い繊細でとても美しい花です

こぼれダネでもよく殖えます、このオダマキもこぼれ種から育ちました





IMG_7688_R.jpg

フレンチラベンダー シフォンダークパープル

イングリッシュ系は暑さにも弱くなかなか咲きませんがフレンチ系ラベンダーは早咲きだし
けっこう花持ちがいいかも





IMG_7692_R.jpg

たしか3年前くらいに200円ほどで購入した
小さな小さな株だったクレマチス「金星」もこんなに大きく
花も白の大輪系右側のメイリーンとも共演できましたし一回り大きいですね

左側にはつぼみもありますからまだまだ楽しめそうですよ




IMG_7645_R.jpg

そんな撮影中にチョウチョが飛んできまして
花かんざしの花にとまりました




IMG_7626_R.jpg


薔薇の葉もピッカピカ
ちなみに品種はホームアンドガーデンです
葉はこんな感じだから病気知らずですね




IMG_7602_R.jpg


我が庭では一番の日陰な場所かな

昨年ポンコツな椅子でこの上にバラを置いてみたりしたんだけど

いよいよ朽ち果てそうです

さてさて修理すべきか・・・






IMG_7600_R.jpg


バラが咲きだすとここも賑やかになる小径だが
新緑の今頃も清々しくていいと思う






IMG_7270_R_20170516195408c0e.jpg

後ほど紹介しますと報告していたガンジークリームです
若干シベが黒くなってきたのでそろそろ終焉

左下から右上に向かって咲く姿は
クレマチスのお手本のようですね

つるが全く暴れないのは見事です
まさに鉢向きのクレマチスですかね





スポンサーサイト

クレマチスの開花「ガンジー・クリーム」 - 2016.04.28 Thu







IMG_2890_R.jpg

モンタナ系のクレマチス
メイリーンが桃のようなつぼみから
開花し始めました

すごい数の花が咲きそうです

画像はクリックすると大きくなります






IMG_2863_R.jpg

このつぼみが二日前の26日です




IMG_2911_R.jpg

こちらが今日、雨の中の開花です
咲き始めはペチュニアの咲き終わりのようなくちゃって感じです
トンボの羽化したての羽、または鶏から孵ったばかりのヒヨコの羽のよう










IMG_2915_R.jpg

「この~木なんの木、気になる木♪」あんさんはどなたはんどすか?で紹介した
クレマチスです

結果出した答えが「ダッチェス・オブ・エジンバラ」でした

今年も純白の大輪の花を咲かせてくれるのでしょうか







IMG_2926_R.jpg

今年のニューカマー
ガンジー・クリーム

パテンス系(早咲き大輪系)の品種。

花はしっかりとした濃いクリームホワイトで、花芯は淡い黄色。
色のトーンが全体的に優しさを帯びており、品があって美しい。
咲き始め、光の当たり具合によっては、黄色味がかって見えることもある。

重ねのよい丸弁で、かわいい花形だそうです



IMG_2927_R.jpg

今年はまだ二年生苗なので
「ポットオベリスク」で鉢植えで楽しみたい
来年はフェンスに絡ませてみるのもいいかも


バラの薬剤「ポリオキシンAL」うどんこ病に効果がある、んっ何種類もあるの? - 2015.07.04 Sat




ポリオキシンを購入にあたって始めに何で?

と思ったことがあったので書き留めたいと思います

ポリオキシンAL水溶剤

ポリオキシンAL水溶剤 100

特徴は、以下、科研製薬株式会社、ポリオキシンAL水溶剤「科研」より抜粋

・作物が汚れず、浸透移行性にも優れ、高い効果を示します。また、花卉類に幅広い登録があります。
・花卉、蔬菜類のうどんこ病、灰色かび病およびハダニ類等に有効で、予防効果と治療効果があります。
・独自の作用性(キチン合成阻害)を有し、ローテーションに加えることで耐性菌の出現回避や効果の安定が期待できます。
・天然物由来で環境に対する安全性が高く、作物に対する薬害の心配もありません。


製品名 ポリオキシンAL水溶剤「科研」
登録番号 第15176号
有効成分 ポリオキシン複合体 50.0%
(ポリオキシンBとして500,000AmBu/g)
性状 淡褐色水溶性細粒
有効年限 6年

使用できる作物の中に「ばら」がないのが残念ですが

{花き類・観葉植物}に 灰色かび病、黒斑病、うどんこ病、ハダニ類、希釈倍率2.500倍があり

これは使えそうです、使用環境は発病初期、発生初期が基本のようです

使用回数は8回なのでローテーションでは結構使えそうな気がしますね

ただ価格は100gで3.000円前後します

希釈倍率からすればそんなに高価ではないと思いますが

100gもあるので例えば2.500倍で一回に2.5L使ったとしても一回に1gで済んでしまいますので

100g使い切るには100回散布ができてしまいます

有効期限が6年なので1年に16回使用しなければなりませんね





それともう一つ良く見かけるのがこれだと思うのです


ポリオキシンAL水和剤 100

価格的にも100gで500円と先ほどの水溶剤の6分の1ほどで買えるので

つい買ってしまいそうになります

しかし、ばらの薬剤として使うと思うと

先ほどのポリオキシンAL水溶剤の適用にあったはずの

{花き類・観葉植物}がありません

当然「ばら」もみあたりません

ということは、バラは適用外になってしまいます

特徴は、以下科研製薬株式会社、ポリオキシンAL水和剤「科研」より抜粋、

・天然物由来の殺菌剤で、環境に対する安全性が高く安心して使用できます。
・各種野菜のうどんこ病、灰色かび病、りんごの斑点落葉病、なしの黒斑病防除などに卓効を示します。
・作物に対して薬害の心配がなく、他剤とのローテーション等が可能です。


と、そんなに変わりがないようにも思えるので、適用外が非常に残念ですね



ポリオキシンAL水和剤「科研」

製品名 ポリオキシンAL水和剤「科研」
登録番号 第9020号
有効成分 ポリオキシン複合体 10.0%
(ポリオキシンBとして100,000AmBu/g)
性状 類白色粉末
有効年限 4年


最後にポリオキシンAL乳剤

img58288886.jpg

特徴は、以下日本農業株式会社より抜粋

・農業用の抗生物質製剤である。
・野菜のうどんこ病に優れた防除効果を示す

適用作物には、「ばら・きく」うどんこ病、希釈倍率500~1.000倍、使用期限は空白なのでなんとも理解できませんね
有効期限は3年と水溶剤と比べると半分と短いですね


[注意事項]として

・使用量に合わせ薬液を調製し、使いきる。
・ボルドー液等のアルカリ性薬剤との混用はさける。
・本剤の連続使用によって薬剤耐性菌が出現し、効果の劣った事例があるので過度の連用をさけ、
なるべく作用性の異なる薬剤と組合わせて輪番で使用する。

とありました。

じゃあどうなの?ってことになりますよね

ポリオキシン水溶剤は細粒なので水と合わせづらいです
水溶剤を作るのにはぬるま湯を準備して作るという少し手間がかかります

色々調べていたらバラの家の店長さんの裏ワザレシピで
サンヨールと合わせると単体より高価がアップするそうです
5リットルの噴霧器なら
ポリオキシン2500倍(2g)、サンヨール1000倍(5cc)です。
試してみるといいかもですね!!

ポリオキシン水和剤は粉なので水和剤は普通に作れますが
適用外をどう考えるかでしょうか、自己判断にお任せします

ポリオキシンAL乳剤は簡単ですよね一番使いやすいですが
適用病害名にはうどんこ病しかないので「それでもいい、私はうどんこ病に使いたいの」
という方にはいいかもしれませんね




☆☆  いつもご訪問ありがとうございます ☆☆

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 ポチットして頂けると励みになります

     ありがとうございます(*´ー`*)ゞ


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バラの薬剤「カリグリーン水溶液」うどんこ病に対して高い治療効果 - 2015.07.03 Fri






今年大いに活躍した薬剤がこのカリグリーンです

カリグリーン(小)



種類名は炭酸水素カリウム水溶剤です
主成分の炭酸水素カリウムは食品や医薬品に使用されており、
人体に対して安全性の高い成分です。
炭酸水素カリウムは、ベーキングパウダー(炭酸水素ナトリウム)と類似の炭酸水素塩の一種です
炭酸水素カリウムの分解物であるカリウムイオン及び炭酸水素イオンは
天然にも広く存在する、環境にやさしい薬剤です。

うどんこ病・さび病・灰色かび病などのすぐれた防除剤で

うどんこ病に対して高い治療効果があるようです

さらに主成分の炭酸水素カリウムは防除効果を発揮した後、

植物に吸収され肥料効果を発揮し植物の成長を促進します肥料効果も期待できます。

まさに一石二鳥ですね

そして病原菌に耐性がつきにくいときてはスゴイデスネとしか言い様がない

使用作物名には「ばら」はありませんが「花き類・観葉植物」の括りで使用可能と思います





発病初期(病斑が少し見えはじめた時期)の散布が効果的です。
遅れ過ぎないように注意します。
接触タイプの治療剤です。菌によく付着するように、十分な量をていねいに散布します。
展着剤を必ず加用して下さい。
1週間以内の間隔で2~3回散布を行って下さい(たばこは2回)。
EBI(DMI)剤などとの輪用や混用が効果的です。 以上、カリグリーンより抜粋



エルゴステロール生合成阻害剤を(EBI 剤)といいます

人間も生きていくためには一日1~3gのコレステロールが必要とされています

カビもやはり生きていくためにはエルゴステロールが必要なんです

では、それはどんな薬剤なのか簡単にいえば

うどんこ病の元はカビ細胞なので、そのカビ細胞が必要なエルゴステロールを作らせないようにするのが

EBI(DMI)剤と言います

エルゴステロール生合成阻害剤について更に詳しく知りたい方はこちらへどうぞ


EBI(DMI)剤にはサプロール、ミラネシン、ルビゲン、サルバトーレME、ラリー乳剤、

マネージ乳剤、パンチョ、トリフミン、などがありますね

私的には展着剤はアプローチBIあたりがいいかなと考えてます

とにかく発病初期の散布が効果的です遅れ過ぎないように注意しましょう

最後に、よく混ぜないと噴霧器の先ノズル部分が詰まり出づらくなりますので

よ~~~~く混ぜて使ってください




☆☆  いつもご訪問ありがとうございます ☆☆

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 ポチットして頂けると励みになります

     ありがとうございます(*´ー`*)ゞ


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バラの薬剤「ジマンダイセン」梅雨時期の頼もしい予防薬 - 2015.06.30 Tue




Zimandithane_WP_1kg (1)

この地域もいよいよ梅雨入りしました

1967年と並び、1951年以降で最も遅い梅雨入りだそうです

な、なんと48年ぶりの遅い梅雨入りだったんです

でも、梅雨入りする前から結構雨は降ってましたしね

今更梅雨入りと言われてもね


さてさて、そうなると勢いを増してくるのが「黒点病」ですね

バラ栽培してる方たちにとってはつらい時期になりますね

今日はよく使ってる「ジマンダイセン水和剤」というお薬のお話です


種類名 / マンゼブ水和剤と言いまして

ジチオカーバメート系の保護殺菌剤で、植物体上に付着して主として胞子発芽を強く抑制する事により、

病原菌の侵入を阻害し殺菌効果を発揮します

ジマンダイセンは多くの作物の病害対策にもっとも広く利用されている殺菌剤のひとつで、

国内では39作物の100種類を越える病害、またかんきつには害虫(チャノキイロアザミウマ、ミカンサビダニ)に使用できます

ということで薬害の恐れが少ない薬剤と言われています

優れた耐雨性・残効性でこれからの梅雨時期には大きな見方になりますね

薬剤耐性が生じにくく、かつ持続性を有した非常に効果が高い薬剤です

さらに1年間の使用回数は8回以内と多めなので

まさに一年中使えそうですね



今年特に感じるのがアザミウマ(スリップス)の発生が多いかなと

お~~、チャノキイロアザミウマに効きめがあるなら

バラにもいいのではと考える素人ですが

このアザミウマは柑橘の吸汁加害をするそうで

バラのアザミウマとはちょっと違う種類らしい、残念無念!!

せっかく一石二鳥かと思ったのに!




バラでは(炭疽病、黒星病、さび病、べと病、灰色かび病)に適用されています

希釈倍率は400~600倍です

予防薬なので黒点病が発生する前に散布しないといけませんね

ただこれから真夏になると「ダコニール」と同様「ジマンダイセン」も、

高温期に有害反応を誘発しやすいのが難点ですので

その間は「オーソサイド水和剤」に変えるといいかもしれませんね

とここまで良いことずくめのようですが残念なのは







IMGP4968_R.jpg


葉がこのように汚れてしまいます

この時は600倍散布でしたが

噴霧にもなかなか技が必要かもしれませんね

でも今の時期だとすぐ消えてなくなりますからそんなに気にしなくていいと思います

病気になるならこのくらいの汚れも平気ですよね




そうそう、水和剤なので展着剤を入れないといけませんね

私は「アビオンeやアプローチBI」を使ってます

展着剤もいろいろの種類がありますね

アビオンeは薬剤の水滴をたくさんくっつける付き方になります

アプローチBIは薬剤の水滴を薄く伸ばし広げて付着させる付き方になります

うどんこ病だったらアプローチBIで黒点病だったらアビオンeかな





☆☆  いつもご訪問ありがとうございます ☆☆

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

  こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バラの薬剤「展着剤」「アビオンe」 - 2015.06.26 Fri




今日は展着剤「アビオンe」 のお話です

では、展着剤とは

たとえばバラの新葉、新芽に散布しても弾いてしまい

流れ落ちてしまいますよね

葉の表面には水を弾くワックスやロウ成分

植物の表面に生えている細かな毛のために薬液がなかなかくっついてくれませんネ

これを手助けするのが展着剤です


15402_2.jpg



水和剤の中にも少なかずとも界面活性剤が入っているものもあります

界面活性剤とは、水と油、水と空気、水と固体(不溶性)など、本来なじみの良くない物質どうし

の間(界面)で両者を結び付けるはたらきを行い、なじみをよくする物質の総称です。


展着剤の種類は大きく分けて三種類ああります

一般展着剤(スプレッダー)
展着剤の中でもっとも種類が多く,散布液の表面張力を下げることで濡れ拡
がりを改善し,濡れにくい植物体や虫体への付着を改善し防除効果を高める。
グラミンSなど


機能性展着剤(アジュバント)
表面から内部へと「しみ込ませる」
機能等を併せ持った展着剤をいい,一般にはスプレッダーより濃い濃度(500
倍〜 1000 倍)で使用する。
陽イオン界面活性剤、非イオン+陽イオン界面活性剤
「濡らす力」と「しみこませる力」の両方を持つ!
殺菌力も持ち合わせた剤などさまざまあり、比較的高い濃度で使用する。
アプローチBI、スカッシュ、ニーズ、など


固着性展着剤(スチッカー)
主成分にはパラフィンや樹脂酸エステルが用いられ,作物に付着した薬剤を
固着させ残効を高める。パラフィン+乳化剤
対象作物の表面へ固着させ、残効性を高める
アビオンe、アビオンCなど


一番考えることが「アビオンe」と薬剤の関係です
やはり相性があるのでは?と考えます。
果たして使えるのか使えないのか、この薬剤は、これはいいけどこれはダメみたいな


IMGP5259_R.jpg

今日は話がかたいので
こげ蔵とつるミミエデンで和んでくださいませ
今年のミミ・エデンは全然ダメ、ダメダメです
花弁の傷みが半端ない、二番花に期待です




素人が考えていても問題は何も解決しませんから
アビオン株式会社に問い合わせてみました




Q:下記の薬剤を使ってますがアビオンeと混ぜて使って大丈夫でしょうか?
「水和剤」として
トップジンM
ジマンダイセン
ベンレート
トリフミン
ポリオキシン
オーソサイド
カリグリーン

「乳剤」として
サンヨール
マネージ
サプロール
ダコニール
ラリー
ポリオキシンAL
カスミンボルドー
サルバトーレME

以上を使ってますがいかがでしょうかという問いに

A:今回の問い合わせに記載頂いた、農薬類はもちろん、それ以外でもアビオンE
 と相性の悪い薬剤は、ありません。
 アビオンEは固着性展着剤と呼ばれる展着剤ですので、予防剤(トップジンM、ジマンダイセン、ベンレート
 オーソサイド、カリグリーン、ダコニール、カスミンボルドー等)との相性は特に良好です。




Q:アビオンeは「パラフィンの特性と独自の乳化技術を活かし、安定した付着性と優れた耐雨性を有しています」と
紹介されてますが、なかなか葉につきにくいです、
ジマンダイセンを使って噴霧器にて散布をしてますが流れ落ちてしまうと思うのですが、こんな感じで使っていていいのか?

A:アビオンEは、お使いの他社展着剤(ダイン、アプローチBI、まくぴか)と比較すると、
湿展性(濡れ広げる力)は 少し弱くなっています。湿展性の高い展着剤は、
薬剤の水滴を薄く伸ばし広げて付着させる付き方、

アビオンEは 薬剤の水滴をたくさんくっつける付き方になります。
ですので、アビオンE使用で、噴霧器散布による水滴が大きいと、
その水滴自らの重さで流れ落ちてしまう様に見えてしまう事があります。

噴霧器でムラなくたっぷり散布しようとすると、どうしても薬液同士がくっついて重くなり、
ボタボタ落ちるものが目立ってしまう 傾向にあるのです。
ですが、他の湿展性展着剤では、濡れ広げる為、見た目以上に薬剤が流れ落ちているのです。



私のような頭の硬い人間でもとてもわかりやすい説明で十分理解出来ました


各県の農業試験場などで実施する公的試験では、アビオンEが薬剤成分の付着量が一番多くなるといった
試験結果も出ています。 
ですので、見た目以上にしっかり付着性ていますので、ご安心ください。
●小●パラフィン展着剤アビオン-E 500ml

●小●パラフィン展着剤アビオン-E 500ml
価格:1,480円(税込、送料別)





Q:素人が考えると水和剤の場合界面活性剤が
  あまり入っていない順番から混ぜたほうが良いのでしょうか?

A:これは、水和剤を2~3種類混ぜる場合の順番という事でしょうか。
 基本的に農薬の希釈は、展着剤が最初で、その後は溶けやすい順番(乳剤→フロアブル剤→水和剤)
 となります。※界面活性剤により、混ざりやすさを良くするため。
 よって、水和剤同士であれば、界面活性剤が多く入っているものから入れた方が良いかと考えますが、
 そこまでこだわらなくても大丈夫ではないでしょうか。
 いずれにせよ、水和剤は農薬成分を鉱物の類に吸着させている為、溶けにくいものですので、
 よくかき混ぜることが重要になります。

以上、アビオン株式会社、K様より丁寧にご回答頂きました

これで安心してアビオンEを使うことが出来そうです




☆☆  いつもご訪問ありがとうございます ☆☆

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

  こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (220)
    バラ (294)
    アイスバーグ(CL) (6)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (6)
    アンクルウォルター (8)
    アンジェラ (6)
    イーパーフェン(一棒粉) (5)
    イングリットウェーブル (3)
    うらら (6)
    エトワール ド オーランド (7)
    エバーゴールド(CL) (5)
    カクテル (4)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (4)
    ゴールドバニー (4)
    シュネープリンセス (3)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (5)
    ジュリア(CL) (5)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (6)
    スール・エマニュエル (2)
    聖火 (3)
    ゼフィリン・ドルーアン (13)
    センティッドエアー (6)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (3)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (8)
    ニュードーン(CL) (5)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (6)
    バレリーナ (5)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (6)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (7)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (5)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (4)
    ブラックティ (4)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (4)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (1)
    ブルームーン(CL) (2)
    ブルームーン「HT」 (4)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (3)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (8)
    ポルカ (3)
    マチルダ (5)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (3)
    メヌエット (4)
    モン クゥール (6)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (5)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (7)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (4)
    ロイヤルサンセット (5)
    ローズヨコハマ (5)
    ローゼンドルフシュパリースホップ (1)
    ロココ (5)
    バラの薬剤 (6)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (2)
    クレマチス (41)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (3)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (4)
    タングチカ ランプトンパーク (5)
    ビチセラ ピーコ (2)
    ドクターラッペル (3)
    プリンセス・ダイアナ (2)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (4)
    メイリーン(モンタナ) (7)
    「ローズバット」モンタナ系 (3)
    宿根草 (42)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    アスチルベ (1)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (1)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (9)
    こげ蔵 (73)
    日常の出来事 (36)
    コンテナ作り (2)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (90)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    「うるる」「カーディナルワインスキー」「ジャックマニー」 (0)
    カーディナル・ワイズンスキー (1)
    プリンセス・ドゥ・モナコ (1)
    踊場 (1)
    ロウグチ(篭口) (1)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。