topimage

2017-08

ブラックティ - 2017.07.15 Sat



IMG_0144_R_R.jpg

昨日の続きのようになりますが
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコと開花を競ってるようです

つぼみもほぼ同じ感じ、楽しみですね






IMG_0416_R_201707150834331da.jpg

ほぼ咲き進んだ感じ
ブラックティと言うほどブラック感は強くありませんね
しかし、秋にはアンティークな紅茶色になります。
秋の美しい花が特にすばらしく花びらはビロードのような美しさで
ティー系のよい香りです。





IMG_0419_R_20170715083434aad.jpg


ハイ、どちらがきれい?
と言わんばかりに並んで咲きました

同じ「バラ」とひとくくりにしますが
どちらもきれいで、見ているだけで心が和みます





IMG_0709_R.jpg


少しずつ色があせてきました
黄色いしべが見えてきました





IMG_1398_R.jpg


咲き始めが一緒だから
終演も一緒なのか

ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコに覆い被されて重そうだ

よくぞきれいに咲いてくれました

「ありがとう!!」



「ブラックティー」渋すぎるぜ - 2016.05.26 Thu


画像はクリックで大きくなります

IMG_7200_R.jpg

京阪園芸の前身、京阪ひらかた園芸企画株式会社バラの育種を行った
岡本勘治郎氏が1973年に産み出したのがこの「ブラックティー」です

岡本氏が薔薇育苗かとして京都伏見に「桃山花園」を開園したころ
世界の情勢は変換期を迎えていました時代は第二次世界大戦へ、
せっかく築いたバラ園もイモ畑になるなど戦争はバラの世界にも影響していました
イギリスやドイツ間でも薔薇を密かに避難させたりしてましたからね
岡本氏も軍の園芸講師として従軍しながら、多くのバラを山の手に密かに移植・避難させ、
日本のバラ界の「萌芽」を守り抜いたそうです


開き始めは青みがかり、だんだん開くにつれてきれいな朱赤色がのってきます
とコメントされてますが、このように咲き始めからなんとも渋いでしょう
上品な口紅を思わせる色合いです

気温によって花色が変化し、夏の時期は燃えるような朱色
秋にはアンティークな紅茶色になります。
秋の美しい花が特にすばらしく花びらはビロードのような美しさで
ティー系のよい香りです。



魅惑の赤薔薇から渋く褪めた檜皮色へ - 2015.07.06 Mon

DSC06726_R_20150701223653ce7.jpg


京阪園芸の前身、京阪ひらかた園芸企画株式会社バラの育種を行った
岡本勘治郎氏が1973年に産み出したのがこの「ブラックティー」です

岡本氏が薔薇育苗かとして京都伏見に「桃山花園」を開園したころ
世界の情勢は変換期を迎えていました時代は第二次世界大戦へ、
せっかく築いたバラ園もイモ畑になるなど戦争はバラの世界にも影響していました
イギリスやドイツ間でも薔薇を密かに避難させたりしてましたからね
岡本氏も軍の園芸講師として従軍しながら、多くのバラを山の手に密かに移植・避難させ、
日本のバラ界の「萌芽」を守り抜いたそうです


「ブラックティー」っと言うくらいだから
もう少し黒薔薇でもいいと思いませんか

この時期のブラックティの花色は燃えるような赤色ですね
でもでも、コレが秋になるとシブ~~~イ紅茶色というか檜皮色の薔薇に大変身します

半剣弁高芯咲きの
花びらの開き方がとても美しく上品で、切花では今も人気が高く
バブルの頃は切花といえばコレみたいな
当時は1本1500円だった?という噂もあるとかないとか
数十本も花束でプレゼントされたら女性も嬉しいでしょうね
あ~~バブルの頃が懐かしい




DSC06614_R.jpg


今日も雨でしたね、台風が3つも近づいてるようで

すでに3m近くも伸びたシュートもありますから
これから枝が折れたりしないようにフェンスや支柱に縛らないといけませんね

昨年は3本くらいポッキリ折れましたから、注意、注意、ですね



IMGP5328_R_20150701223710d9a.jpg

今日のこげ蔵君はどこにいるか探さなくてもいい場所に陣取ってますね

本当に、カメラ好きですね~~~

先代のJ君はカメラを向けるとそっぽ向いてましたから
なかなかカメラ目線の写真が撮れませんでした
同じゴルでもずいぶんと性格が違うものです
こいつは甘えん坊でズル賢い犬です



DSC06821_R.jpg


ハイ、昨日のブラックティーちゃんです
こんな変わり果てた姿になってしまって、・゚・(ノД`)・゚・



☆☆  いつもご訪問ありがとうございます ☆☆

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 ポチットして頂けると励みになります

     ありがとうございます(*´ー`*)ゞ


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ブラックティ - 2014.07.04 Fri

IMGP1498_R.jpg

実際はもう少し暗っぽいかな

夏場など高温期は明るい朱赤色になります

秋になるとこのバラは真価を発揮し絶品の花が見られます

直立性で天高く伸びて咲くタイプ

そして花弁をよく見ると先端が尖っているんです



IMGP2526_R.jpg

定番の雨にぬれるブラックテイ
「俺はこんな雨何かには負けねえよ」とでも言ってそうな感じ
決してうつ向きませんね、

バラの家さんのコメントの受け売りですが

バブル絶頂の時には東京などの一等地で、
1本1000円以上で飛ぶように売れていた銘花で
それだけ出しても惜しくない位、個性的で本格派のバラでだそうです


IMGP2527_R.jpg

独特な上品さのある色が、人の心に強く印象に残る花ですので、
何かの記念日に使う花として選ばれることが多く、
男性がプロポーズするときの花束や、ブライダルブーケに使われたりもするそうです

ではでは、奥様に切りバラとしてプレゼントしちゃおうかな



         
IMGP4592_R.jpg
ベロニカ、ロイヤルキャンドル



☆☆  いつもご訪問ありがとうございます

そして、最後まで読んで頂きありがとうございました。

     ランキングに参加しています

   こげ蔵の鼻をポチットして頂けると励みになります

          ありがとうございます(*´ー`*)ゞ



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こげパパ

Author:こげパパ
ゴールデンレトリバーは
こげ蔵が2頭目です
初代ゴールデンのJくんは
11歳目前で旅立ちました
1年間喪に服した後、
こげ蔵を迎えました、
東日本大震災では震度6強という
ただただ恐ろしい体験もしました、
どういう縁なのか
こげ蔵の誕生日は
1年後の3月11日です
深い縁を感じています

  • 管理画面
  • カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    こげ蔵何歳になったの

    script*KT*

    カテゴリ

    ガーデニング (218)
    バラ (294)
    アイスバーグ(CL) (6)
    アカペラ (4)
    アブラハムダービー (6)
    アンクルウォルター (8)
    アンジェラ (6)
    イーパーフェン(一棒粉) (5)
    イングリットウェーブル (3)
    うらら (6)
    エトワール ド オーランド (7)
    エバーゴールド(CL) (5)
    カクテル (4)
    グラミス・キャッスル (3)
    クリムゾン・グローリー (4)
    ゴールドバニー (4)
    シュネープリンセス (3)
    ジュビレデュプリンスドゥモナコ (5)
    ジュリア(CL) (5)
    シャルル・ド・ゴール (1)
    シャンテ・ロゼ・ミサト (2)
    新雪 (6)
    スール・エマニュエル (2)
    聖火 (3)
    ゼフィリン・ドルーアン (13)
    センティッドエアー (6)
    ダブルノックアウト (4)
    つる サマー スノー (3)
    つる・ミミエデン (4)
    ナエマ (8)
    ニュードーン(CL) (5)
    パパ・メイアン (3)
    バロン・ジロードゥラン (6)
    バレリーナ (5)
    ピエール・ドゥ・ロンサール (6)
    ピンクサマースノー(CL) (2)
    ピンクスタリナ(CL) (7)
    フェルディナンド ピシャール (3)
    フォー ユア ホーム (5)
    ブルーバーユ (1)
    ブルームーン(CL) (3)
    プレジデントLサンゴール(CL) (4)
    ブラックティ (4)
    ブリリアントピンクアイスバーグ (4)
    プリンセスアレキサンドラオブケント (1)
    ブルームーン(CL) (2)
    ブルームーン「HT」 (4)
    フレンチレース (2)
    ボレロ (3)
    ホワイトクリスマス (2)
    ホーム&ガーデン (8)
    ポルカ (3)
    マチルダ (5)
    マヌウメイアン (6)
    ミスター・リンカーン (2)
    ミラベラ (3)
    ムンステッドウッド (1)
    メイのほほえみ (3)
    メヌエット (4)
    モン クゥール (6)
    モッコウバラ白 (6)
    ラデュレ (5)
    ラ ローズ ドゥ モリナール (4)
    ラベンダー フレンドシップ (7)
    レオナルド・ダ・ヴィンチ (4)
    ロイヤルサンセット (5)
    ローズヨコハマ (5)
    ローゼンドルフシュパリースホップ (1)
    ロココ (5)
    バラの薬剤 (6)
    アビオンe (1)
    カリグリーン (1)
    ジマンダイセン (1)
    ポリオキシンAL (1)
    ガンジークリーム (2)
    クレマチス (41)
    ギャロル (1)
    コンテスト・ド・ブショウ (3)
    ジャックマニー (1)
    ダッチスオブアルバニー (4)
    タングチカ ランプトンパーク (5)
    ビチセラ ピーコ (2)
    ドクターラッペル (3)
    プリンセス・ダイアナ (2)
    「フレッダ」モンタナ系 (1)
    マダム・ジュリア・コレボン (4)
    メイリーン(モンタナ) (7)
    「ローズバット」モンタナ系 (3)
    宿根草 (42)
    宿根草(ホワイト系) (3)
    アジュガ・レプタンス (4)
    アスチルベ (1)
    ガレガ・オフィシナリス (2)
    カラミンサ・バリエガータ (1)
    セントーレア モンタナ (2)
    カンパニュラ (1)
    キャットミント (1)
    ジギタリス (1)
    シノグロッサム (2)
    タイツリソウ (2)
    ツルニチソウ (1)
    ニーレンベルギア・オーガスタ (1)
    ヒューケラ (3)
    バーバスカム ホワイトブライド (1)
    ドデカセオン シューティングスター (1)
    ブルンネラ・ジャックフロスト (3)
    ラベンダー (1)
    リシマキア ミッドナイトサン (2)
    リシマキア・ヌンムラリア (1)
    ヒメイワダレソウ リッピア (2)
    ペンステモン ハスカーレッド (1)
    庭での出来事 (47)
    お散歩 (9)
    こげ蔵 (73)
    日常の出来事 (36)
    コンテナ作り (2)
    チューリップ (3)
    エゴノキ (4)
    ギガンチューム (3)
    紫式部 (1)
    マンデビラ (1)
    クリスマスローズ (7)
    コルチカム (1)
    メカルドニア モンフレール (1)
    パンジー&ビオラ (19)
    あさがお (1)
    アリウム・ギガンチウム (2)
    ペチュニア (4)
    サフラン (1)
    コスモス (3)
    ネモフィラ (1)
    寄せ植え (1)
    ハクロニシキ (1)
    コキア(ほうき草) (1)
    挿し木 (10)
    お出かけ (89)
    災害 (2)
    ハーブ (2)
    リナリアプルプレアキャノン J ウェント (1)
    「うるる」「カーディナルワインスキー」「ジャックマニー」 (0)
    カーディナル・ワイズンスキー (1)
    プリンセス・ドゥ・モナコ (1)
    踊場 (1)
    ロウグチ(篭口) (1)

    アルバム

  • 管理画面
  • リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    最新記事

    .

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    フリーエリア

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード

    QR